はじめての万葉集


はじめての万葉集
朝(あさ)な朝(さ)な あがる雲雀(ひばり)に なりてしか
都に行きて はや帰り来(こ)む

安倍沙弥麻呂(あべのさみまろ)

巻二十 四四三三番歌
【訳】 毎朝空に翔(かけ)りとぶヒバリになりたい。
そうしたら、都へ行ってすぐに帰ってこよう。
ヒバリになりたい
 ヒバリは、春になると野原や田園地帯で、オスが自分の縄張りを主張するためにさえずりながら高く飛ぶ「あげ雲雀」と呼ばれる行動をとることで知られています。体色は茶褐色に黒い斑点と少々地味ですが、その美しいさえずりから、古今東西を問わず春を告げる鳥として親しまれてきました。
 この歌でも、そんなのどかな春の風物詩であるヒバリが詠まれています。ただ、のどかさというよりは、空を飛べるヒバリになりたい、という願望を表現することが主だったようで、ヒバリだったら今すぐに都に行って帰ってくることもできるのに、と嘆いています。
 歌が詠まれたのは、天平勝宝七歳(てんぴょうしょうほうななさい)(七五五年)三月三日に難波で催された宴の席上で、このとき安部沙弥麻呂は、北九州の国境警備のために派遣される防人(さきもり)たちを点検管理する役人として難波にいました。そこから平城京へ行って再び任地に戻るには二日程必要だったとみられます。現代のように電車や車で簡単に行き来はできなかったわけで、だからこそ、ヒバリになりたい、と考えたようです。同席していた大伴家持(おおとものやかもち)も「雲雀あがる春へとさやになりぬれば都も見えず霞たなびく」(巻二十・四四三四)と詠みました。
 家持はまた別のときにも、有名なヒバリの歌を残しています。「うらうらに照れる春日(はるひ)に雲雀あがり情(こころ)悲しも独(ひと)りしおもへば」(巻十九・四二九二)と「あげ雲雀」を詠んでいます。そして、春の憂鬱な心を晴らせるのは歌を作ることだけだと記しました。
 『万葉集』に載るヒバリの歌はこの三首だけですが、それぞれに深い情趣があるように思います。
(本文 万葉文化館 井上さやか)
写真
万葉ちゃんのつぶやき
奈良の希少な野生動植物
 県内にはさまざまな種類の野鳥が生息しています。しかし中には、数が減少して絶滅のおそれがある種もいます。
 県では、「奈良県希少野生動植物の保護に関する条例」の制定や、絶滅のおそれのある野生動植物の情報を記載した「奈良県版レッドデータブック」を作成し、希少な野生動植物の保護に取り組んでいます。
ブッポウソウ(絶滅寸前種)
ブッポウソウ(絶滅寸前種)
ヤイロチョウ(絶滅寸前種)
ヤイロチョウ(絶滅寸前種)
県景観・自然環境課
TEL
0742-27-8757
URL
www.pref.nara.jp/2613.htm
県広報広聴課
TEL
0742-27-8326
FAX
0742-22-6904
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設などにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら