交通事故から児童を守るため、市町村やPTAの方々と通学路の合同安全点検を実施しています。県道矢田寺線では、計画段階から自治会やPTAの声を反映した歩道改修計画の策定を進めています。