県民だより奈良 平成30年7月号

はじめての万葉集
磐代(いはしろ)の 浜松が枝(え)を 引き結び
真幸(まさき)くあらば また還(かへ)り見む
有間(ありまの)皇子
巻二 一四一番歌
【訳】 磐代の浜の松の枝を結び合わせて無事を祈るが、
もし命あって帰路に通ることがあれば、また見られるだろうなあ。
真幸(まさき)くあらば

 この歌の作者である有間皇子は、孝徳天皇の子でした。孝徳天皇は大化元年(六四五)に即位しましたが、乙巳(いっし)の変の中心人物である中大兄(なかのおおえの)皇子の傀儡(かいらい)であったともいわれます。『日本書紀』には、白雉(はくち)四年(六五三)に中大兄皇子が難波長柄豊碕宮(なにわのながらのとよさきのみや)から飛鳥へ還ることを提案した際には、承諾しなかった孝徳天皇を残して皆が飛鳥へ移ったことが記されています。翌年、孝徳天皇は崩御しました。
 有間皇子は、一部から次の天皇として望まれていたともいい、実権を握る中大兄皇子にとっては邪魔な存在であったとみられます。中大兄皇子を警戒した有間皇子は、「陽狂」つまり狂気をよそおったということです。その「陽狂」が牟婁温湯(むろのゆ)(和歌山県西牟婁郡白浜町)を訪れたことで完治したと報告したところ、既に即位していた斉明天皇も牟婁温湯へ行幸することとなりました。
 天皇の留守の隙にと、有間皇子に謀反を唆(そそのか)したのが留守官であった蘇我赤兄(あかえ)です。斉明天皇四年(六五八)十一月三日に、重税を課し狂心渠(たぶれこころのみぞ)などの大規模な土木工事を相次いで行っていた天皇を批判して、挙兵を勧めました。しかし、謀反を決意したその日に有間皇子は謀反人として捕まります。陥(おとしい)れられたことを悟り、尋問の際には「天(あめ)と赤兄と知らむ。吾全(あれもは)ら解(し)らず」と答えたとあります。結局、有間皇子は護送中に藤白の坂(和歌山県海南市)で処刑されました。まだ十九歳の若さでした。
 この歌はそんな有間皇子が死を予感しながら詠んだ悲劇的な歌として、挽歌の冒頭に位置付けられています。本来は旅の無事を祈る内容であり、有間皇子に同情的な人々によって一種の歌物語が形成されていたのではないかとみられています。
(本文 万葉文化館 井上 さやか)

万葉ちゃんのつぶやき
狂心渠(たぶれこころのみぞ)
 斉明天皇は、石上山の石を切り出して後飛鳥岡本宮の東の山の石垣に用いたとされ、大量の石材を船で運ぶために、石上山と飛鳥を結ぶ運河を掘らせました。工事には3万人余を要したとされ、大規模な土木工事に呆れた当時の民衆から「狂心渠」と非難されました。
 正確な位置はわかっていませんでしたが、現在の飛鳥坐(あすかにいます)神社(明日香村)の近くに、狂心渠の一部とみられる溝が発掘されました。この溝は発掘調査後に埋め戻され、現在は休憩所になっています。
狂心渠
明日香村文化財課
電話 0744-54-5600
FAX 0744-54-5602
県広報広聴課
電話 0742-27-8326
FAX 0742-22-6904
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設、コンビニエンスストアにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら