・感染性胃腸炎について
・感染性胃腸炎の集団発生
 (H27シーズン公表資料)
 (H26シーズン公表資料)
 (H25シーズン公表資料)

ノロウィルス等による感染性胃腸炎について

                                          
平成28年11月25日

 

 


 ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、特に冬季に多く発生し、注意が必要です。
 今シーズンは平成28年10月に入ってから、ノロウイルスによる感染性胃腸炎の集団発生が起きています。


<警報発令について> 
 奈良県では、第46週(平成28年11月14日~11月20日)の感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数「23.74(人)」となり、警報発令の目安となる「20(人)」を超えました。
(昨シーズンは平成27年12月7~13日の週が定点あたり10.5と最大値となり、警報レベルにはなりませんでした。)

 既に大きな流行が発生していますが、今後、流行の本格化が考えられます。十分な手洗いをこまめに行うほか、感染性胃腸炎に感染した疑いのある人の嘔吐物やふん便を処理するときには、マスクを着用の上、十分な換気のもとでノロウイルス等に有効な消毒液(次亜塩素酸ナトリウムなど)を使用しましょう。
 
報道発表資料「感染性胃腸炎の警報発令について」(平成28年11月25日発表)


                    
(主な症状、感染について)

 ノロウイルスによる感染性胃腸炎の主症状は嘔吐や下痢、発熱で、ほとんどの場合症状は数日で軽快します。
 なお、この疾患は、感染者の便や吐物が触れた手や、汚染した食べ物を介して人から人に感染します。
 普通、感染後1~2日で症状が現れます。 
 感染力は強く、少ないウイルス量でも感染します。

(もし症状がでたら~)

 嘔吐や、下痢の症状があれば、早めに医療機関を受診してください。
 特に小児や高齢者は脱水症状を起こしやすいので、注意が必要です。

(予防について)

 -手をしっかり洗いましょう-

 予防のためには手洗いが大事です。
外から帰ったとき、トイレを利用した後、 調理前、食事の前には必ず石けんを使ってしっかり手洗いをしましょう。 
 また、手洗い後のタオルは共用しないようにしましょう。

  -二次感染を防ぐために-

 家庭内で、症状のある人がいる場合、二次感染の予防のために、吐物や便は、素手でさわらないようにしましょう。
 使い捨てのマスクと手袋をして、使い捨ての布やペーパーで包み込むように拭き取りましょう。
拭き取ったものはビニール袋に入れ、しっかり口を閉じて捨てましょう。
拭き取った後は家庭用漂白剤を100倍程度に薄めて、ペーパータオル等にしみこませて、広めの範囲を消毒してください。
 しばらくおいて水拭きして下さい。(漂白剤の扱いにはくれぐれも注意をしてください。)
 処理の後の手洗いも忘れないようにしましょう。

<参考>
 new奈良県保健予防課 「感染性胃腸炎 ノロウイルス・ロタウイルス等」(H27.2.19 更新 PDF:1.77MB)(←消毒液の作り方等が載っています)

 ・ 食中毒リーフレット 〔厚生労働省〕
 ・ 手洗いリーフレット〔厚生労働省〕
 ・「2012改訂版 保育所における感染症対策ガイドライン」(厚生労働省 H24年11月)
   ・「大量調理施設衛生管理マニュアル」(厚生労働省 H25年10月22日改訂)

<施設などで集団発生が疑われる場合>

・施設医への報告・相談のうえ、最寄りの保健所へご相談いただき、下痢・嘔吐などの症状がある方はかかりつけ医師等へ受診・ご相談下さい。

1高齢者施設、保育園、幼稚園、障害者施設等の社会福祉施設において、ノロウイルス等の感染性胃腸炎が集団発生した際は、「平成17年2月22日付厚生労働省通知「社会福祉施設等における感染症等発生時に係る報告について に基づき、下記の場合は学校欠席者情報収集システム参加施設は、システムへの入力と併せて、市町村主管課および最寄りの保健所に報告をお願いします。(システム対象外の高齢者施設等は、市町村主管課等および管轄の保健所へ報告してください。)

  • ア 同一の感染症若しくは食中毒による又はそれらによると疑われる死亡者又は重篤患者が1週間内に2名以上発生した場合
  • イ 同一の感染症若しくは食中毒の患者又はそれらが疑われる者が10名以上又は全利用者の半数以上発生した場合
  • ウ ア及びイに該当しない場合であっても、通常の発生動向を上回る感染症等の発生が疑われ、特に施設長が報告を必要と認めた場合

1幼稚園、学校等で発生した場合も同様に、園医・校医や地域の医療機関へ相談、早期受診し、適切な対症療法を行うとともに、上記に準じて市町村主管課および最寄りの保健所に報告をお願いします。2


<関連通知>
「社会福祉施設等における感染症等発生時に係る報告について(平成17年2月22日 健発第0 2 2 2 0 0 2 号(17KB))
介護保険施設等に対する厚生労働大臣が定める手順について(平成18年厚生労働省告示第268号(111KB))

(問い合わせ先)

保健所

電話番号

FAX番号

管轄

奈良市保健所
保健予防課感染症係
0742-93-8397 0742-34-2486 奈良市
郡山保健所
健康増進課感染症係
0743-51-0194 0743-52-6095 大和郡山市 天理市
生駒市 山添村 平群町
三郷町 斑鳩町 安堵町
中和保健所
保健予防課感染症係
0744-48-3037 0744-47-2315 大和高田市 御所市
香芝市 葛城市 上牧町
王寺町 広陵町 河合町橿原市 桜井市 宇陀市
川西町 三宅町 田原本町
曽爾村 御杖村 高取町
明日香村
吉野保健所
健康増進課感染症係
0747-52-0551 0747-52-7259 吉野町 大淀町 下市町
黒滝村 天川村 下北山村
上北山村 川上村 東吉野村
内吉野保健所
地域生活課感染症担当
0747-22-3051 0747-25-3623 五條市 野迫川村 十津川村


お問い合わせ

保健予防課
〒 630-8501奈良市登大路町30
感染症係TEL : 0742-27-8612
精神保健係TEL : 0742-27-8683
母子・保健対策係TEL : 0742-27-8661
がん対策係TEL : 0742-27-8928
難病・医療支援係TEL : 0742-27-8660