はじめての万葉集

県民だより奈良 平成30年9月号

はじめての万葉集
紫草(むらさき)の にほへる妹(いも)を 憎(にく)くあらば
人妻ゆゑに われ恋ひめやも
大海人皇子(おおあまのみこ)
巻一 二一番歌
【訳】 紫草のように美しいあなたが憎かったら、あなたは人妻だのに、どうして恋いしたうことがあろう。
蒲生野(がもうの)の遊猟(ゆうりょう)

 今回の歌は、大海人皇子(後の天武(てんむ)天皇)が額田王(ぬかたのおおきみ)に贈った一首です。この歌の前に、額田王は「あかねさす紫野(むらさきの)行き標野(しめの)行き野守(のもり)は見ずや君が袖振る」(あかね色をおびる、あの紫の草の野を行き、その御料地の野を行きながら、―野の番人は見ていないでしょうか。あなたは袖をお振りになることよ。)と詠んでいます。袖を振ることは、古代では相手の魂を呼びよせる呪術的な行為とされ、相手の心をひきつけようとする、求愛の行為とみなされました。その大胆な行動に驚く額田王に対して、大海人皇子は、たとえあなたが「人妻」であっても恋しく思うのだという、熱烈な愛の歌を返します。
 この歌が詠まれたのは、天智(てんじ)天皇の蒲生野(がもうの)(現在の滋賀県、琵琶湖の東南部)での遊猟(ゆうりょう)の時です。今回の歌の左注には、『日本書紀』の天智天皇七(六六八)年五月五日の蒲生野での遊猟の記事が引用されています。五月五日に野に出て鹿を狩るこの行事は「薬猟(くすりがり)」とも呼ばれ、早くは推古(すいこ)天皇の時代に記録がみえます。猟(かり)は、王と臣下との主従関係を確認する、儀礼的な行事でもありました。
 また、「薬猟」では狩猟だけでなく薬草などを採ることもあったようです。今回の歌で詠まれている「紫草」は、当時貴重な植物とされ、額田王の歌に「標野」(他人が入ることを禁じた野。ここでは天皇の御料地)とあることから、「標野」における「紫草」の採集も行われたのでしょう。
 この歌の「人妻」という言葉から、額田王を天智天皇の妻とする見方もありますが、額田王が天智天皇の妻であったという歴史的な記録はありません。そもそも、この歌は相聞(そうもん)歌ではなく雑歌(ぞうか)(儀礼の時の歌)に分類されています。額田王をめぐる三角関係を想起させる歌ですが、現在では、遊猟の後の宴席における戯れの歌であるという理解が支持されています。
(本文 万葉文化館 大谷 歩)

万葉ちゃんのつぶやき
国特別史跡
本薬師寺跡(もとやくしじあと)
 現在奈良市にある薬師寺の前身にあたる寺で、天武天皇が皇后(後の持統(じとう)天皇)の病気平癒を祈願して、建立に着手しました。しかし完成を待たずして天武天皇が崩御し、持統天皇がその遺志を継いで完成させました。
 現在、本薬師寺跡周辺の水田にはホテイアオイが植えられ、最盛期には40万株を超える淡く美しい紫色の花が一面に広がります。
国特別史跡 本薬師寺跡
橿原市産業振興課
電話 0744-22-4001(代)
県広報広聴課
電話 0742-27-8326
FAX 0742-22-6904
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設などにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら