概要

 B型・C型肝炎ウイルスに起因する肝がん及び重度肝硬変(非代償性肝硬変のことをいう。以下同じ。)の患者さんの医療費の負担軽減を図り、最適な治療を選択できるようにするための研究を促進する仕組みを構築するということを目的としています。
 平成30年12月診療分から入院医療費に対する助成を行います。

 病名の診断や所得要件等の受給の要件を満たし、奈良県知事の認定を受けて本事業の「参加者証」の交付を受けた方が対象です。

 

 ※お住まいの市町村を管轄する保健所(奈良市居住者は、奈良市保健所)で参加者証の交付申請の受付をおこないます。

  (参加者証の交付は、通常、申請書類がそろってから約2ヶ月後のお届けになります。)

       

     肝がん・重度肝硬変炎治療研究促進事業リーフレット(pdf 266KB)

 

助成の対象となる医療

・B型・C型肝炎ウイルスによる肝がん・重度肝硬変入院医療および当該医療を受けるために必要となる検査料、入院料その他当該医療に関係する入院医療で保険適用となっているもの(当該医療と無関係な医療は含まない)

 

・上記医療のうち、過去1年間(平成30年度は平成30年4月1日より起算)で高額療養費の限度額を超えた月が既に3月以上ある場合に、4月目以降に高額療養費の限度額を超えた月に係る医療費に対し、公費負担を行います。自己負担額は1万円です。

 

・知事の指定を受けた医療機関(指定医療機関)が行う入院医療(※)に限り、医療費助成の対象となります。
 (※)肝がん・重度肝硬変入院医療及び当該医療を受けるために必要となる検査料、入院料その他当該医療に

    関係する入院医療で保険適用となっているもの。

            詳細は、「奈良県肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業事務処理要領」別添2および別添3を参照してください。

 

対象者について

次の項目1~5のすべてを満たし、奈良県知事の認定を受けた方です。

 1. 奈良県内に住所を有する方
 2. 各種医療保険のいずれかに加入している方
 3. 下表の年齢区分に応じて、それぞれ同表の階層区分に該当する方 (世帯収入が約370万円以下の方)
 4. 指定医療機関において、肝がん・重度肝硬変による入院医療費の高額療養費算定基準(※)を超えた月が、

  過去1年で既に3月以上ある方
  (※)本事業は平成30年4月1日から入院月をカウントするため,平成30年12月分から助成を受ける

     方の場合は、平成30年4月から平成30年11月の間に3月以上あることが必要です。 
 5. 厚生労働省の治療研究に参加することに同意し、臨床調査個人票及び同意書(様式2)を提出された方

 

年齢区分

階層区分

70歳未満

医療保険者(介護保険法(平成9年法律第123号)第7条第7項に規定する医療保険者をいう。)が発行する限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定証の所得額の適用区分がエ又はオに該当する方

70歳以上

75歳未満

医療保険者が発行する高齢受給者証の一部負担金の割合が2割とされている方

75歳以上

後期高齢者医療被保険者証の一部負担金の割合が1割とされている方

    (注)・65歳以上75歳未満であって後期高齢者医療制度に加入している方のうち、後期高齢者

        医療被保険者証の一部負担金の割合が1割とされている方を含みます。
       ・平成26年3月31日以前に70歳に達している1割負担の方を含みます。

 

助成期間

○お住まいの市町村を管轄する保健所(奈良市居住者は、奈良市保健所)で、申請書類を提出してください。

  
○対象者と認定された方には、参加者証を交付します。

(参加者証の交付は、通常、申請書類がそろってから約2ヶ月後のお届けになります。)

 

○参加者証は、申請書類を受理した月の初日から原則として1年以内有効となります。

 引き続き治療をおこなう方については、有効期間が終了するまでに申請いただくことにより、1年ごとに有効期間の更新を行うことができます。

  注意:参加者証の有効期間に属する月=助成を受けることのできる月ではありません。
  <例>参加者証の有効期間は令和元年5月~令和2年4月末日で対象医療が高額療養費に達した4月目が

     令和2年1月の場合、助成を受けることのできる月は令和2年1月からです。

     (助成を受けるには、指定医療機関において過去12月で対象医療が高額療養費に達した月が3月以上

      である場合の4月目以降であることがいずれの月においても必要となります)

申請書類

お住まいの市町村を管轄する保健所(奈良市居住者は、奈良市保健所)に以下の書類を添えて申請してください。

 

年齢区分

所得区分

(限度額適用認定証等に

おける適用区分)

提出書類

70

[適用区分エ]

~年収約370万円

参加者証交付申請書(別紙様式1)

臨床調査個人票及び同意書(別紙様式2)

・申請者の医療保険の被保険者証の写し

・限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定証の写し

・世帯全員の住民票(続柄を含む)の写し

入院記録票(別紙様式6)の写し

保険者照会に関する同意書

[適用区分オ]

住民税非課税者

70

75

[一般]

年収約156

~約370万円

参加者証交付申請書(別紙様式1)

臨床調査個人票及び同意書(別紙様式2)

・申請者の医療保険の被保険者証の写し

・申請者の高齢受給者証の写し

・申請者及び申請者と同一の保険に加入している世帯全員の住民税課税・非課税証明書類

・世帯全員の住民票(続柄を含む)の写し

入院記録票(別紙様式6)の写し

保険者照会に関する同意書

[低所得

住民税非課税世帯

参加者証交付申請書(別紙様式1)

臨床調査個人票及び同意書(別紙様式2)

・本人の医療保険の被保険者証の写し

・本人の高齢受給者証の写し

・限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定証の写し

・世帯全員の住民票(続柄を含む)の写し

入院記録票(別紙様式6)の写し

保険者照会に関する同意書

[低所得

住民税非課税世帯

(年金収入80万円以下など)

75歳以上

[一般]

年収約156

~約370万円

参加者証交付申請書(別紙様式1)

臨床調査個人票及び同意書(別紙様式2)

・申請者の後期高齢者医療被保険者証の写し

・申請者及び申請者と同一の保険に加入している世帯全員の住民税課税・非課税証明書類

・世帯全員の住民票(続柄を含む)の写し

入院記録票(別紙様式6) の写し

保険者照会に関する同意書

[低所得

住民税非課税世帯

参加者証交付申請書(別紙様式1)

臨床調査個人票及び同意書(別紙様式2)

・申請者の後期高齢者医療被保険者証の写し

・限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定証の写し

・世帯全員の住民票(続柄を含む)の写し

入院記録票(別紙様式6) の写し

保険者照会に関する同意書

[低所得

住民税非課税世帯

(年金収入80万円以下など)

   ※ 注意1 :住民票の写しは原本で、発行から3ヶ月以内のものとする。
     注意2 :住民票課税・非課税証明書類は、原本で最新年度のものとする。
         注意3 :保険者照会に関する同意書は、医療保険における所得区分の認定を行うために、

                        県が申請者の加入する医療保険者に対して照会を行うための同意をとるものである。

 

指定医療機関について

 患者の方が医療費助成を受けるためには、入院されている医療機関が当該助成制度の指定医療機関に指定されている必要があります。
 指定基準は、奈良県に住所を有する保険医療機関で、肝がん・重度肝硬変入院医療を適切に行うこと(※)です。
 (※)「奈良県肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業事務処理要領」別添3に定める対象医療行為を行うことができること。

 
 なお、2020年3月31日までに指定を受けた場合、平成30年4月1日を限度として、1年前から指定を受けていたものとみなして適用することができます。(公費の請求ができるのは、実際に指定を受けた日の属する月の初日以降となります。)

   奈良県肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業指定医療機関名簿(平成31年4月1日現在)(pdf 117KB)

指定医療機関の役割


 1.肝がん・重度肝硬変患者がいる場合、本事業についての説明及び

  肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業入院医療記録票(以下「入院記録票」という。)の交付を行うこと
 2.入院記録票の記載を行うこと
 3.患者から依頼があった場合には、肝がん・重度肝硬変入院医療に従事している医師に

  臨床調査個人票及び同意書を作成させ、交付すること
   4.本事業の対象となる肝がん・重度肝硬変入院関係医療(高額療養費が支給されたものに限る。)が行われた

     場合には、公費負担医療の請求医療機関として公費の請求を行うこと。
   5.その他、指定医療機関として本事業に必要な対応について協力すること。

指定申請の方法

  肝がん・重度肝硬変医療費助成指定医療機関指定申請書」を奈良県福祉医療部医療政策局疾病対策課あてに提出してください。

    肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業指定医療機関指定申請書(様式8)

※指定医療機関は、指定申請書の内容に変更があった場合は、速やかに届け出てください。指定医療機関であることを辞退するため指定医療機関の指定の取消を求める場合は、参加者の利用に支障のないよう十分な時間的余裕をもって事前に届け出てください 。


参考資料 

  奈良県肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業実施要綱(pdf 89KB)
  奈良県肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業事務処理要領(pdf 233KB)
   事務処理要領別添1 (診断・認定基準)(pdf 93KB)
   事務処理要領別添2 (病名の判定基準)(pdf 67KB)
   事務処理要領別添3 (対象医療行為一覧)(pdf 324KB)

  奈良県肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加者証交付申請の手引き(pdf 1035KB)

各種様式

  ○肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加者証交付申請書(様式1)

     Word(35KB) / PDF(215KB)

  ○臨床調査個人票及び同意書(様式2)

     Excel(43KB) / PDF(112KB)
  ○肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加者証(様式3)

     word(29KB) / PDF(139KB)
  ○肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加終了申請書(様式4)

     word(26KB) / PDF(pdf 79KB)
  ○肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加終了通知書(様式5)

     word(24KB) / PDF(59KB)
  ○肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業入院医療記録票(様式6)

     Excel(20KB) / PDF(184KB)
    ○肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業医療費償還払い請求書(様式7)

     word(45KB) / PDF(178KB)
   ○肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業指定医療機関指定申請書(様式8)

     word(24KB) / PDF(75KB)
   ○肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加者証記載事項変更申請書(様式10)

     word(23KB) / PDF(84KB)
   ○肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加者証再交付申請書(様式11)

     word(21KB) / PDF(61KB)

   ○保険者照会に関する同意書

     word(16KB) / PDF(34KB)

お問い合わせ

疾病対策課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
感染症係 TEL : 0742-27-8612
精神保健係 TEL : 0742-27-8683
がん対策係 TEL : 0742-27-8928