このたび、奈良県水道局では、「水道事業におけるPPP/PFI手法導入優先的検討規程の策定ガイドライン(案)」(平成29年3月厚生労働省医療・生活衛生局 生活衛生・食品安全部 水道課)を参考として、県水道事業の官民連携手法(PPP)導入の検討について、従来からの業務委託による官民連携手法において、民間事業者が県営水道施設の設計、建設または製造を担う手法(DB方式)等の水道施設整備事業への導入が適切かどうかを優先的に検討するための規程「奈良県営水道官民連携手法導入優先的検討規程」を策定しました。

   

 奈良県営水道 官民連携手法導入優先的検討規程(pdf 223KB)

 奈良県営水道 官民連携手法導入優先的検討規程(pdf 271KB)