はじめての万葉集

県民だより奈良 2019年11月号

はじめての万葉集
神山(かむやま)に たなびく雲の 青雲の
星離(はな)れ行き 月を離れて
持統天皇 巻二 (一六一番歌)
神山にたなびく雲は、青雲の中の星からも離れ、
月をも離れて去っていったことよ。
天武天皇と持統天皇

 この歌は、「天皇崩(すめらみことかむあが)りましし時の太上天皇(おほきすめらみこと)の御製歌(おほみうた)二首」のうちの一首です。「天皇」とは天武天皇を、「太上天皇」とは持統天皇を指しているといわれています。つまり、天武天皇が崩御した際に鵜野讃良(うののさらら)皇后(後の持統天皇)が詠んだ歌ということになります。
 神山にたなびく雲とは、天武天皇の霊魂や面影を表現しているのでしょうか。『万葉集』には「春日(かすが)なる三笠の山に ゐる雲を 出(い)で見るごとに 君をしそ思ふ」(春日にある三笠の山にかかる雲を、出て見るたびにあなたをこそ思うよ。/巻十二・三二〇九番歌)という歌などがあり、雲に人の面影を託すことがあったようです。その雲が星や月から離れていってしまうと詠まれており、天武天皇との惜別の情が伝わってきます。
 天武天皇は、古代日本最大の内乱といわれる壬申の乱で勝利したことによって強大な権力を掌握し、その権力をもって律令国家の建設を強力に推し進めた人物でした。藤原京の建設、律令の撰定、そして『日本書紀』の編纂(へんさん)も天武朝から計画されていました。
 天武天皇はまた、占星台を建設するなど、天文暦法の習得にも熱心だったとされます。星を詠んだ万葉歌人はあまり多くないといわれる中で、持統天皇がこの歌に星を詠み込んでいることには、亡き夫への思いがあったのかもしれません。
 持統天皇は、壬申の乱でも天武天皇と行動を共にし、皇后としても夫君の治世を支えた人物です。天武天皇崩御後に自身が即位してからも、新たな暦の導入など、天武天皇同様に天文暦法を踏まえた政策を行います。この歌からは、律令国家の建設という志を共にした二人の関係性の一端がうかがえるように思われます。
(本文 万葉文化館 吉原 啓)

万葉ちゃんのつぶやき
天武・持統天皇陵
(檜隈大内陵(ひのくまのおおうちのみささぎ))
7世紀後半の築造で、南北約44m、東西約44m、高さ約7.7m。藤原宮の南方中軸線上に営まれ、八角形の五段築成と考えられています。
『日本書紀』の天武天皇「大内陵」、『続日本紀』の持統天皇の火葬・合葬の記載が鎌倉時代の盗掘の検分記録と一致しました。被葬者が特定できている数少ない陵墓の一つです。
天武・持統天皇陵
明日香村野口
明日香村文化財課
電話 0744-54-5600
県広報広聴課
電話 0742-27-8326
FAX 0742-22-6904
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設などにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら