奈良県水道局では、クリーンエネルギーを利用し、環境と共生する水づくりを推進するため御所浄水場に太陽光発電を導入しました。
太陽光発電は、化石燃料などを使用しないため、二酸化炭素などの地球温暖化の原因となる物質を発生しないクリーンな発電システムです。

発電実績・二酸化炭素削減量はこちらをご覧ください



太陽光発電パネル設置場所
写真をクリックすると大きい写真が表示されます。
太陽光発電パネル全体写真
設置場所 奈良県御所市戸毛
 御所浄水場浄水池上部
 及び造成法面
太陽光発電パネル設置面積 6,272m2 
公称最大出力 790kW
年間発電量 約81万kWh
 一般家庭の約218世帯分に相当
年間CO2削減量 208t-CO2

 石油換算で約195kL
 (ドラム缶で約975本分)

 森林吸収量換算で約83ha
浄水池上部
浄水池上部太陽光パネルの写真
造成法面
のり面部太陽光パネルの写真

この事業は、平成16年度環境省(二酸化炭素排出抑制事業費等補助金 対策技術率先導入事業)からの補助及び関西グリーン電力基金からの助成を受けた事業です。