管理者:奈良県県土マネジメント部

  天理ダムは、一級河川大和川水系布留川の治水対策としての洪水調節、河川維持用水の確保、および天理市上水道の
 水源開発を目的として、昭和54年に完成した奈良県初の多目的ダムです。

 

1.洪水調節




 ダム流域における日雨量200mmのとき基本高水量170m3/sのうち160m3/sをダムに貯留し、
10m3/sを放流することで布留川下流域の洪水を防ぎます。
(※現在は暫定的に5m3/sを放流としています。)



2.河川維持用水




 布留川の河川環境を保全するため、年間を通じて、天理市滝本町付近の河川流量を、
日量1万m3程度補給します。


3.上水道用水




 天理市上水道の水資源として、天理ダムにおいて70万m3の容量を確保し、
日量1万m3取水が可能となります。



ダ  ム

貯 水 池



  河川名  一級河川
 大和川水系布留川
  集水面積

10.72

km2



  位置  左岸:天理市田町   湛水面積

0.18

km2



 右岸:天理市長滝町

  サーチャージ
    水位

268.5

m



  地質  粗流花崗岩   常時満水位

255.00

m



  型式  重量式コンクリートダム   最低水位

239.00

m3



  堤高

60.5

m

  総貯水容量

2,500,000

m3



  堤頂長

210.0

m

  有効貯水容量

2,250,000

m3



  堤体積

193,000

m3

  洪水調節容量

1,300,000

m3



  非越流部標高

270.50

m

  維持用水容量

250,000

m3



  計画高水流量

170

m3/s

  上水道容量

700,000

m3



  計画放流量

10

m3/s

  堆砂容量

250,000

m3



  洪水調節流量

160

m3/s