管理者:水資源機構

 

  比奈知ダムは、洪水調節、河川環境の保全、水道用水の供給、発電を目的として木津川支川名張川に建設された多目
 的ダムです。三重県名張市にあるダムですが、下流の木津川で奈良市の水道用水として利用されています。

 

1.洪水調節




 ダム地点における計画高水流量1,300m3/sのうち、1,000m3/sをダムに貯め300m3/sをダムから放流します。



2.河川環境の保全




 名張川の既得用水の補給等、下流河川の環境保全等のための流量を確保します。



3.水道用水




 名張市0.3m3/s、京都府0.6m3/s、奈良市0.6m3/sの水道用水を補給します。



4.発電




 三重県企業庁が新設した比奈知発電所で最大出力1,800kwの発電を行います。



  河川名  淀川水系 名張川

  位置  左岸:三重県名張市上比奈知熊走り

 右岸:三重県名張市上比奈知字上出



  型式  重力式コンクリートダム   湛水面積

82

ha



  堤高

70.5

m

  総貯水容量

20,800,000

m3



  堤頂長

355

m

  有効貯水容量

18,400,000

m3



  堤体積

430,000

m3

  着工/竣工

      1972/1998




  流域面積

75.5

km2