第10回イベント

奈良県JET青年連絡協議会第10回イベント
インターナショナル・アート・ショー

 

 2004年6月5日、奈良県JET青年連絡協議会(Nara JETNet)は川西文化会館で第10回記念イベント「インターナショナルアートフェア」を開催しました。Nara JETNetとは国際相互理解を深めることを目的として奈良県民の為に国際交流事業の企画と運営に取り組んでいる団体です。県内で活動している国際交流員5人と奈良県教育委員会のALT1人が委員で、奈良県のJETプログラム参加者がメンバーになっています。今回のイベントは300名以上の一般県民が参加し、50名のJET青年が7ヶ国の美術や自分たちで作った美術作品や芸術を紹介しました。

 4日の夕方から夜まで作品の展示など色々と準備をし始め、5日の朝もひたすら準備しました。母国の美術とアーティストの作品の紹介のみならず、参加者が様々なことが体験・見学できるようにインターアクティブなイベントも用意しました。

 当日、Nara JETNetの会長があいさつをしてから、奈良県のJET青年が約50分のマジックショーを上演してイベントが開幕しました。マジックショーの他には、大人に大人気の陶芸講座・子どもを喜ばせたバルーンアート・感動的な格闘技上演・国際協力を表したクレヨンアートなどのイベントに参加者が気軽に入って楽しむことができました。音楽の発表でスプーンズ(さじ)という珍しい楽器を紹介したJET青年もいました。

 Nara JETNetならではの国紹介・国展示も行われましたが、いつもの写真や情報のチラシよりも、インターアクティブな発表が豊富でした。メキシコのグループは「一分傑作」という、メキシコの有名な絵を真似して、1分以内に描くゲームをしました。アフリカ系アメリカ人アートのグループは伝統的な服装を用意しました。他のグループもテレビやノートパソコンなどを使って各国のアートをわかりやすく紹介していました。JET青年も奈良県内に住む日本人も自分が作った様々な素晴らしい作品を展示しました。折り紙・写真撮影・図鑑をはじめ、コラージュ・絵画・木炭などの作品は本当に感動的でした。奈良県にこんなに才能のある外国人アーティストがたくさん住んでいるのは驚くべきで、アートと国際化の関係を考えてみた作品もおもしろくていい勉強にもなりました。

 最後に奈良県のJET青年と県民が協力して作った「Rock, Paper, Scissors」という自主映画が上映されました。異文化摩擦と国際化をテーマに作られたミステリー映画で、視聴者はみんな楽しんで 映画を観ました。参加者のアンケート調査によると、今回のイベントはすることがいっぱいあってすごくおもしろかったというコメントがたくさんありました。協力してくれた方々のお陰様で楽しい、そして有意義なイベントになりました。これからもよろしくお願いします。


当日の写真

  
  

お問い合わせ

国際課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
国際交流係 TEL : 0742-27-8477
東アジア連携係 TEL : 0742-27-5821