初瀬ダム

初瀬ダム写真

ダム 貯水池(まほろば湖)
河川名 一級河川大和川水系大和川 集水面積 24.2平方km
位置 左岸:桜井市初瀬 湛水面積 0.21平方km

右岸:桜井市初瀬 サーチャージ水位 235.0m
地質 粗粒花崗岩 常時満水位 221.6m
形式 重力式コンクリートダム 最低水位 209.7m
堤高 55.0m 総貯水容量 4,390,000立方m
堤体長 212.5m 有効貯水容量 3,740,000立方m
堤体積 165,000立方m 洪水調節容量 2,390,000立方m
非越流部標高 238.0m 維持用水容量 1,270,000立方m
計画高水流量 300立方m/s 上水道用水容量 80,000立方m
計画放流量 80立方m/s 堆砂容量 650,000立方m
洪水調節流量 220立方m/s 計画洪水位 237.0m




建設経過

昭和42年 予備調査着手
昭和44年 実調採択
昭和56年 本体工事発注
昭和59年 定礎式
昭和62年 本体工事完成
昭和63年 ダム管理事務所設置


目的と機能
 初瀬ダムは、大和川の洪水調節、河川維持用水の補給、および上水道用水の供給を目的とした多目的ダムで、奈良県桜井市初瀬に建設された堤高55mの重力式コンクリートダムです。

洪水調節
 ダム流域における日雨量209mmのとき基本高水流量300立方m/sのうち220立方m/sをダムに貯留し、80立方m/sを放流することで大和川下流域の洪水を防ぎます。

河川維持用水
 下流既得用水、及び河川維持用水として、かんがい期(6月15日から9月15日の間)は日量最大51,840立方mを補給します。その他の期間は日量25,920立方mを補給します。

上水道用水
 桜井市上水道水の水源として、初瀬ダムにおいて8万立方mの容量を確保し、日量2,500立方m取水が可能となります。

周辺写真

周辺写真
●初瀬ダム管理センター(センターを正面より)

周辺写真
●まほろば湖(上空ダム堤防側より)