平成21年7月15日付けで公布された、保健師助産師看護師法及び看護師等の人材確保の促進に関する法律の一部改正により、新人看護職員の臨床研修等が努力義務として規定され、平成22年4月1日より施行されています。
 この新人看護職員研修については、看護の質の向上や安全な医療の確保、早期離職防止の観点から重要なものであることから、奈良県では次のとおり「新人看護職員研修事業」を実施しています。

新人看護職員研修(OJT研修)への支援

●  病院等が厚生労働省の示す新人看護職員ガイドラインに沿って研修を実施した
  場合に、研修にかかる経費の一部を補助する事業です。
     詳しくは、事業概要をご覧ください。

        事業概要 (PDF:220KB)

●  平成29年度に新人看護職員研修を計画し、補助金の交付を希望する場合は、
  平成29年5月31日(水)までに 下記までご連絡ください。


【お問い合わせ先】
  医師・看護師確保対策室 看護師対策係
  TEL:0742-27-8655 FAX:0742-27-7811 

 新人看護職員集合研修・研修責任者等研修の実施


● 新人看護職員を対象に病院等で行う研修を補完する研修
    新人看護職員集合研修(4日間)       
● 病院等の研修責任者、教育担当者又は実地指導者がガイドラインに示されて
 いる新人看護職員研修の実施に必要な能力を習得し、適切な研修実施体制を確
 保することを目的として行う研修

 (1)研修責任者・教育担当者研修(3日間)
 (2)実地指導者研修(4日間)
            
   各研修は、奈良県看護協会に委託し実施します。
   
   詳しくはこちら→→→ 奈良県看護協会のホームページ