狩猟制度の概要

   
    狩猟とは以下の事項を遵守して鳥獣を捕獲する制度です。

       
              1.狩猟免許を取得して、
              2.狩猟を行う都道府県に狩猟者登録を行い、
              3.狩猟期間内に、
              4.狩猟が認められている地域で、
              5.認められている猟法で、
              6.認められている鳥獣を捕獲する

     ◆狩猟制度の詳細についてはこちら

     ◆鳥獣保護区及び特定猟具使用禁止区域(銃)についてはこちら

ss

          
    狩猟者には法令の定めにより様々な責務等が課せられます。

     ◆狩猟者の責務等の詳細はこちら

       ◆狩猟免許に関する処分基準についてはこちら

     ◆奈良県の狩猟免許の取得者、登録者の推移はこちら

     
             

     
      狩猟免許試験と狩猟免許更新試験を毎年実施しています。

 
         ◆平成29年度狩猟免許試験、狩猟免許更新講習会及び狩猟免許取得促進講習会(無料)
            の日程はこちら      
           【注意!】平成27年5月29日の法改正に伴い、網猟免許及びわな猟免許の取得年齢が
         引き下げられました。(20歳以上→18歳以上)

    なお、免許試験及び更新の申請手続については、受けようとする試験、適性検査及び
    講習の各期日の10日前までとします。
    申請関係書類及び手数料等、詳細については下記までご連絡ください。
    また、県では深刻化する野生鳥獣による農林業被害対策として、狩猟者の確保・育成
    を推進し、狩猟免許取得講習会(無料)を計画しています。
    申込み方法等については下記までご連絡ください。


    申込み窓口
           一般社団法人奈良県猟友会 TEL:0742-26-8125