野生鳥獣の保護管理を適正に進めるため、各種調査を実施しています。

 
カモ
○ガンカモ調査
   ガン・カモ・ハクチョウなどのガンカモ科鳥類の冬期生息状況を把握し、鳥獣保護行政の基礎資料とするため、毎年1月中旬に全国一斉に実施されているものです

   
  ◆最近のガンカモ調査結果はこちら 

  

 

○有害鳥獣アンケート調査
     近年農林業被害が拡大している動物の被害状況や目撃情報等を問合わせるアンケートを実施し、有害獣の捕獲数増加のための支援事業や、狩猟期間の延期等の、県の被害対策施策の実施・継続等を検討するための重要な資料としています。

   
  ◆有害鳥獣アンケート調査結果はこちら

タヌキ