高水圧県営水道管にご注意

県営水道管が工事により破損した場合、広範囲・長時間におよぶ給水制限や断水により、日常生活に多大な影響を与えることはもちろん、復旧に必要な膨大な費用負担をお願いすることになります。


奈良県水道局は、県下24市町村へ水道用水を供給している大規模で重要なライフライン施設です。水道管(延長約300km、最大口径1800mm、最大水圧1.57MPa)は主に道路に埋設されています。

 近年、生活環境の充実・地域産業の発展にともない、上下水道管やガス管、電力および電話ケーブルなどの地下埋設物がますます複雑多様化し、建設工事の増加と相まって事故発生の要因は年々増加する傾向にあります。

 奈良県水道局では、水道管の事故防止に日夜努力しておりますが、建設工事関係の皆様方におかれましても、今後とも水道管の事故防止につきまして、一層のご理解とご協力をお願いいたします。


 地下埋設物事前調査協議、管位置の明示、工法協議などは広域水道センターまで






水道管事故防止のお願い 地下埋設物事前協議のお願い 水道事故防止のポイント

地下埋設物事前協議にお越しの方へ 過去の事故例