自ら健康づくりを実践! 御所市長の脱メタボ宣言
 医療費負担の軽減のため、特定健診の受診率向上策を積極的に進める御所市。そんな中、職場の健診結果が「メタボリックシンドローム」に該当した東川(ひがしがわ)御所市長さん。保健師さん等の指導で生活習慣を見直し、減量に取り組まれるようすを市民に発信されています。

体重増加の原因は?
市長に就任する前の仕事は、小売酒販業だったので体力を使っていましたが、平成20年に市長に就任してからは、デスクワーク中心になり、外食やお酒を飲む機会が増えました。さらに財政再建などの山積みの課題に対するストレス発散のため、食事やお酒の量も増え、それとともに、体重や中性脂肪等の数値まで悪くなりました。
自らの取り組みを「宣言」され、発信されているお気持ちを教えてください。
市長就任時、御所市の特定健診受診率は11%で県内最下位でした。国民健康保険の医療費負担の軽減のためにも、生活習慣病予防となる健診を受診してもらうことが重要だと考え、啓発などの取り組みを続けてきた結果、受診率は30%を超えました(3月末時点)。受診結果が「メタボ」該当者や予備群の方々には、保健師や管理栄養士等から食事や運動の「保健指導」を受けてもらうことが何より大事です。どんな言葉を並べるより、私が自ら、保健指導で減量できたことを見てもらうことが「一番説得力がある」と思いました。減量はなかなか1人では続きませんが、私の場合は熱心な担当者の顔を思い浮かべ「ちょっとアルコールを控えておこう」と意識し、続けることができましたので、本当にお勧めです。私のように受診してよかったという人がもっと増えてほしいですね。






  歯周病と生活習慣病は密接な関係があります
○自分の歯が20本以上あれば「何でも食べることができる」とされており、県では今後10年間で、80歳で20本以上の人を55%にしたいと考えています(平成23年度は43.3%)。歯が抜ける原因となる歯周病。実は生活習慣病である「糖尿病」や「喫煙」と密接な関係があります。
○80歳代を比較すると、糖尿病の人や喫煙している人の歯の数は少なくなっています(下グラフ参照)。



問 県健康づくり推進課 ☎ 0742-27-8682 FAX 0742-22-5510



< 前回(2013.5月号vol.36)へ
     次回(2013.7月号vol.38)へ  >

※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設、コンビニエンスストアにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら