県では、国における地域医療再生臨時特例交付金の予算措置を受けて、平成21年度に「奈良県地域医療再生計画1」及び「奈良県地域医療再生計画2」を策定し、その後、追加交付を受けて平成23年度に「奈良県地域医療再生計画」を策定しました。

 今般、国の平成24年度第1次補正予算において交付金が拡充措置されたことから、「奈良県地域医療再生計画(平成24年度国補正予算)」を策定しました。

経緯

 医療審議会において審議いただいた上で、5月に計画(案)を策定し、国に提出しました。

 7月に、国の有識者会議による審議を経て、交付金の内示が通知されたため、内示に基づき計画を策定しました。

計画の概要

(1)  計画期間

      計画策定日から平成25年度末まで

 

(2)  基金活用額

      800,000千円

 

(3)  具体的な施策

    在宅医療(158百万円)
      ・在宅医療サービスの充実・小児在宅医療の充実
      ・訪問看護の充実
      ・保健師ネットワークの強化

    災害対策(72百万円)
     ・災害急性期の医療体制整備

    その他(570百万円)
     ・医師確保修学資金の貸付け
     ・がん対策の充実
     ・糖尿病の診療水準の向上
     ・県立病院の機能強化
     ・震災後の労務費等の建設コスト高騰への対応

   奈良県地域医療再生計画(平成24年度国補正予算)
   奈良県地域医療再生計画(平成24年度国補正予算)概要
 
 ※参考
  地域医療再生基金管理運営要領