はじめての万葉集

 


 『万葉集』には、花を愛でたり、散るのを惜しんだり、またそのことを女性にたとえたりする歌がたくさん見られます。
 龍田の桜の歌も、花が散るのを惜しむ歌の一つに数えられますが、やや他とは様相が異なります。それは、複数の歌をまたいで、桜の花の盛衰を表現しているところです。
 右の歌は、その出だしにあたります。山の上に咲き乱れていた桜の花も、風や雨のせいで、ほとんど散ってしまったけれども、まだ下の方の枝には残っていると。その残った花に対して、あの方が戻るまでどうかそのままで、と願っています。
 ここで言うあの方とは、難波(なにわの)宮(みや)造営のために派遣された藤原宇合(うまかい)(不比等の子)のことです。歌を詠んだとされる高橋虫麻呂も、難波宮造営との関係で、大和と難波宮を往復する立場にあったようです。
 虫麻呂は、頻繁に龍田を越える道を往復し、まだ残っている、まだ残っていると、かろうじて残る桜のようすを何首も詠みました。しかし、とうとう宇合は、桜の花の時期に戻ってくることはできませんでした。
 実際のところ、難波宮の造営が、そう簡単に終わるわけはありません。だとすると、間に合わないとわかったうえで、有名な龍田の桜の花を題材に、時制を巧みに操り、おもしろく表現したとの見方もできそうです。
(本文 万葉文化館 竹本 晃)


▲龍田古道の桜
 今回の歌を詠んだ高橋虫麻呂らが通った龍田古道が残る三室山(三郷町)では、有志の方達が、有名な龍田の桜を復活させようと植樹をすすめています。今では、4000本以上の桜を楽しめるそうなので、桜を楽しみに出かけてみてはいかがでしょうか。
問 県広報広聴課 TEL 0742-27-8326 TEL 0742-22-6904
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設などにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら