県政HOTニュース


なら食と農の魅力創造国際大学校
実践オーベルジュ棟 内覧会を開催

県政HOTニュース
▲県産食材を使用した料理の試食(ダイニングルーム)

 平成28年4月、奈良県農業大学校を改編し、「なら食と農の魅力創造国際大学校」を開校します。
 このたび、フードクリエイティブ学科学生の調理・サービスの実践の場となる「実践オーベルジュ棟」(桜井市)が7月24日に竣工し、8月19日に内覧会を開催しました。
 実践オーベルジュ棟は、40席のフランス料理レストラン、9室の宿泊室、実践バンケット(ステージキッチン付きの研修室)を備えており、「オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井」として、9月より指定管理者の株式会社ひらまつが運営しています。
 施設見学会では、吉野杉や檜をふんだんに使用した上質で温もりある客室を見学し、多くの参加者が大和平野を見渡す素晴らしい眺望に感嘆の声を上げていました。
 また、奈良県食材を使用した料理を試食いただき、大学校が目指す「食」と「農」の連接についてPRを行いました。


県政HOTニュース
▲知事式辞(実践バンケット)
問 県なら食と農の魅力創造国際大学校
・農業研究開発センター開設準備室
tel 0742-27-8001
fax 0742-27-6050


みんなの声を県政へ!
「高校生議会」開催
県政HOTニュース
▲質問する高校生議員
 8月20日、今年で4回目となる高校生議会が開かれました。県内6つの高校から
26人の「高校生議員」が参加し、奈良県のスポーツ施設の新設や観光客の誘致、吉野材の活用策、さらに、奈良盆地の南部における魅力発信方法など14の質問をしました。また、奈良県の文化を通した子育てしやすい環境づくりや農業と医療が連携した地域づくりなど6つの提言も行われ、全て満場一致で可決されました。
 高校生議員からの質問に答弁した荒井正吾奈良県知事は「よく勉強されていて的を射た質問や参考になる提言がたくさんあり、大変頼もしく感じました。これからも奈良県政に関心を持ち続けていただき、住みよく魅力ある奈良県づくりのため、将来、それぞれの分野でご活躍されることを期待しています」とエールを送りました。
 その後、「若者の政治への参加」をテーマに、議員体験の感想などについて、県議会議員と意見交換が行われました。
県政HOTニュース
▲奈良県政への質問・提言を行った高校生議員たち
問 県議会事務局
tel 0742-27-8950
fax 0742-23-1404


奈良の未来を創るのは君だ!
1日こども知事
 8月26日、県庁で、県内在住の10人の小学5・6年生が知事の仕事を体験する「1日こども知事」が行われました。この取り組みは、こどもたちに県政に対する興味や奈良への愛着を深めてもらうとともに、次代を担うこどもたちの純粋な夢を育むことを目指して実施されるもので、今年で5回目となりました。
 任命書を交付されたこども知事は、県議会本会議場での知事就任挨拶後、記者会見場で、「奈良Jr.(ジュニア)親善大使を作りたい」、「知事がバスガイドとなる、奈良県ガイドツアーを企画したい」などの斬新な施策を発表し、新聞記者などからの質問にも堂々と受け答えしました。
 その後、荒井知事と奈良の食材を使ったお弁当で会食。さらに県の施策などに関する説明を受けたり、せんとくんと交流したりと県庁でさまざまな体験をしました。
県政HOTニュース
▲就任挨拶をするこども知事
県政HOTニュース
▲魅力あふれる奈良の説明を受けるこども知事
問 県政策推進課
tel 0742-27-8472
fax 0742-22-8012


平成27年度
奈良県防災総合訓練

 8月29日、大和高田市内で、災害が起こった際の防災関係機関の連携強化と住民の防災意識の高揚をめざして、県と大和高田市の主催により、奈良県防災総合訓練を実施しました。
 今年度は、地域住民、警察、消防、自衛隊、ライフライン機関及び医療関係機関などの73団体、約1,200人が参加し、大規模地震を想定した実践型の訓練を実施しました。
 大和高田市総合公園一帯では、被災地での救出・救助訓練、復旧活動訓練や医療救護・搬送訓練を行いました。
 また、大和高田市総合福祉会館では、自主防災組織や住民の参加による避難所開設・運営訓練や避難所医療訓練を行いました。

県政HOTニュース
▲避難所での簡易担架訓練
県政HOTニュース
▲倒壊建物・埋没車両からの救出訓練

問 県防災統括室
tel 0742-27-7006
fax 0742-23-9244


平成32年
島根県と東京国立博物館への
共同出展決定!

 奈良県と島根県は、『日本書紀』編纂1300年の節目の年であり、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催年でもある2020年に、東京国立博物館で「出雲と大和」をテーマとした展覧会を共同で開催することで合意し、両県知事による覚書の調印を行いました。
 「古代の日本」に着目し、「日本の成り立ち」をあらためて考え、楽しんで観覧し、奈良の魅力に触れていただけるような機会にするため、今後、展示の具体的内容を検討していきます。

県政HOTニュース
▲島根県の溝口知事と覚書を交換

問 県文化資源活用課
tel 0742-27-2054
fax 0742-27-0213


※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設、コンビニエンスストアにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら