産地パワーアップ事業のお知らせ

 
奈良県では、地域一丸となって収益力強化に計画的に取り組む産地に対し、意欲ある農業者が高収益な作物・栽培体系への転換を図るための取組を支援する「産地パワーアップ事業」を実施します。
事業実施に当たっては、産地としてのさまざまな要件があり、地域の農業再生協議会で作成される「産地パワーアップ計画」に取組が位置づけられる必要があります。
本事業の活用をご検討されている方は、9月末までに住まいの市町村(農業再生協議会)又は県農林振興事務所農業(林)普及課までご相談ください。本事業は、予算の範囲内での執行です。事業を予定されている方は、早めにご相談をお願いします。なお、事業は年度内に終える必要があります。

【取組内容】
(1)施設整備(費用対効果が1以上必要)
(2)機械・設備の導入及びリース導入(50万円以上)  
  ※機械・設備の導入については、経営面積を地域の平均的な作付面積の5倍以上等要件    があります。 
(3)パイプハウス等生産資材の導入
(4)若返りのための果樹の改植(同一品種に限る) など
【補助率】
 事業費の2分の1以内 ただし、果樹の改植は定額

【要件等】
 ・産地(一定の地域としてのまとまりが必要)として、
   (1)生産又は集出荷・加工コストの10パーセント以上低減
   (2)販売額の10%以上の増加
   (3)契約栽培の割合の10%以上の増加かつ50%以上
  等のいずれかの成果目標の実現が見込まれる必要があります。
 ・本事業には産地の面積要件等さまざまな要件があります。
  詳しくは、産地パワーアップ事業実施要綱・要領等(農林水産省HP)をご確認ください。


国事業実施要綱、実施要領、Q&A
http://www.maff.go.jp/j/seisan/suisin/tuyoi_nougyou/index.html 

産地パワーアップ事業奈良県事業実施方針→こちら
  
 

実施状況の公表

 産地パワーアップ事業実施要領第19の1により、実施した事業の概要を公表します(実施年度の翌年7月公表)。
 
  平成28年度実施状況 こちら→(xlsx 18KB)