特定外来生物「ヒアリ」について


「ヒアリ」は県内では確認されておりませんが、攻撃性が強く、刺された場合、体質によってはアナフィラキシーショック(急激で重度なアレルギー症状)を起こす可能性があるなど、人体にとって危険な特定外来生物です。

注意点
・「ヒアリ」強い毒性を持つため、素手で触らないでください。
・「ヒアリ」と疑われるような個体や巣を見つけた時は、刺激(個体を踏みつける、巣を壊す等)しないようにしてください。

刺されたら

・刺された直後、まずは安静(20~30分程度)にし、容体が急激に変化することがあれば最寄りの病院を受診してください。
・受診の際は、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシーの可能性があること」を伝えてください。

「ヒアリ」かどうか確かめるために

 ・次のアリはヒアリではありません。(下記「ヒアリの簡易的な見分け方」参照)
     ・黒いアリ ・2.5mm以下の小さいアリ 
   ・赤っぽいアリでも集団内での個体の大きさが均一で揃っている
   (大きさに連続的な変異がない)

 ・上記のいずれにも該当しない場合は下記までお問い合わせください。
   【環境省ヒアリ相談ダイヤル】
     TEL:0570-046-110
            土日祝日を含む毎日(ただし12月29日から1月3日を除く)
     午前9時から午後5時まで


環境省ヒアリに関する諸情報

環境省パンフレット「ストップ・ザ・ヒアリ」(PDF 7MB)
ヒアリの簡易的な見分け方(PDF 144KB)
広報チラシ「ヒアリに注意」 大人用 [85KB]こども用 [85KB]