平成28年社会生活基本調査 

平成28年社会生活基本調査の実施にご理解・ご協力をいただきありがとうございました。

 社会生活基本調査(基幹統計)は、総務省統計局が都道府県を通じて実施する調査です。
 調査の結果は、平成29年7月から総務省統計局において順次公表され、仕事と生活の調和
(ワーク・ライフ・バランス)の推進、少子高齢化対策、男女共同参画社会の形成など各種
行政施策のための基礎資料として活用されます。
  

 

  社会生活基本調査の概要

法的根拠
    「統計法」による基幹統計調査

調査期日
    
平成28年10月20日
    (ただし、生活時間の状況については、10月15日から10月23日までのうち、調査区ごとに指定される連続
    する2日間について調査)

調査対象
    
指定された地域から抽出された1,596世帯の10歳以上の世帯員

主な調査項目
    
1日の生活時間の配分に関する状況、過去1年間の生活行動(学習・研究、ボランティア活動、
    スポーツ、趣味・娯楽、旅行・行楽)に関する状況、ふだんの就業状態など

調査の方法
    
知事が任命した調査員が、調査票を持って調査対象となった世帯へ訪問。
    調査対象世帯は調査員へ調査票を提出するかインターネットで回答する。

結果の公表(総務省統計局)
     【調査票Aの集計結果】(1)過去1年間の生活行動に係る集計結果:平成29年7月
                 (2)生活時間に係る集計結果:平成29年9月
     【調査票Bの集計結果】平成29年12月


 詳しくは、http://www.stat.go.jp/data/shakai/2016/index.htm (統計局ホームページ)をご参照ください。

  社会生活基本調査結果

平成23年 調査結果(生活行動・生活時間)

要約(表紙)及び用語の解説【PDF】

概要【PDF】

結果データ【Excel】

平成18年 調査結果