コマツナづくりのポイント

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月



早植え
























































遅植え





※播種は3月から9月にかけて。遅植えはトンネルやべたがけ資材を併用。




播種植時期
収穫時期




























つくる場所
日当たりが良く排水の良い圃場を選びます。また、プランター等でも簡単に栽培することができます。

土づくり、肥料のやり方

畑地で栽培する場合は、市販の完熟堆肥を1平方mあたり2kg程度施し、よく混ぜ込みます。長い間栽培されていない畑や水田の跡地では苦土石灰を1平方mあたり200g程度施します。堆肥や苦土石灰は植え付ける14日前までに施しておくとよいでしょう。
肥料は、植え付ける前に市販の化成肥料を1平方mあたり100g施し、よく混ぜ込みます。その後、畝たてを行います。畝の表面は出来るだけ平らにならしておきます。排水の悪い圃場では、高畝にすると良いでしょう。
プランター栽培では、市販の野菜栽培用の土を用いると良いでしょう。
間引き
本葉2~3枚出た頃に株間が10cmくらいになるように間引きします。

追肥
種まきから10日程度後に、種まきをした場所から5~7cm程度離れた場所に溝を切り、化成肥料を1平方mあたり10~20g程施します。

収穫
間引きをしながら順次収穫します。
収穫適期は草丈25cm程です。

その他
栽培期間中に長期間低温にあたると花芽が出来てしまうので、11月中旬以降~3月中旬までは種まきを避けたほうがよいでしょう。


冬は防雪、防寒、防霜のためにべたがけ資材を使用します
→野菜づくりのポイント目次にもどる