ホウレンソウづくりのポイント

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月












































































































※4月~9月にかけて播種できます。ただし8月上旬は暑さのため、発芽率が劣ります。




播種時期
収穫時期
























品種選び
ホウレンソウは春先から初夏にかけての日の長くなる時期に花芽が出てきてトウ立ちします。このトウ立ちの程度は品種によって早晩があります。春まきにはトウ立ちの遅い晩抽性の品種を選びます。
葉の切れ込みの深い日本種は、トウ立ちが早く、春から夏にかけての栽培には適しませんので、秋まきに用います。一般的に露地栽培では秋まきが作りやすいでしょう。

品種による葉型の違い
日本種
西洋種
日本種と西洋種の交配種

畑の準備と播種
ホウレンソウは酸性土壌に弱いので、1平方mあたり苦土石灰100g、堆肥2kg、化成肥料80gを施用します。
3月から5月、9から10月までが種まきの適期です。種はばらまきにして、うえから薄く土をかぶせます。
種まき後、たっぷりと水をかけます。

間引き
本葉1~2枚のときと本葉3~4のときに間引きをして、株間6~7cm程にします。

収穫
間引きをしながら、順次収穫します。
葉の大きさが25cm程になると収穫適期です。

→野菜づくりのポイント目次にもどる