県産材を使用した県有建築物の整備事例紹介ページを更新しました!

 

県産材を使用した県有建築物の整備事例紹介



 
 平成24年3月29日に策定した「公共建築物における“奈良の木”利用推進方針」に基づき、奈良県では公共建築物の整備にあたり、木造・木質化に取り組んでいます。
 奈良県の施設のうち、新築または改修の際に県産材を使用した事例を紹介します。
 
 

  
奈良県庁玄関ホール(平成25年度竣工)

  中央こども家庭相談センター(平成25年度竣工)

  近鉄奈良駅前行基広場大屋根(平成25年度竣工)

  奈良公園事務所(平成25年度竣工)

  うだ・アニマルパーク (平成25年度竣工)

  五條土木十津川復旧復興課 (平成26年度竣工)

  まほろば健康パーク・スイムピア奈良 (平成26年度竣工)

  奈良県橿原総合庁舎 (平成26年度竣工)

  馬見丘陵公園ボランティアハウス (平成26年度竣工)

    なら食と農の魅力創造国際大学校 安倍校舎(平成27年度竣工)

  奈良県農業研究開発センター 本館(平成28年度竣工)

    奈良県農業研究開発センター 交流・サロン棟(平成28年度竣工)

  奈良県庁舎エレベータホール(平成28年度竣工)
 
  飛鳥京跡苑池休憩舎・便所(平成27年度竣工)

  明日香庭球場クラブハウス(平成27年度竣工)