人・農地プラン及び関連施策について

人・農地プランについて

 ■地域の人と農地の問題の解決に向けた話合いを進めましょう!■

 本県の農業をめぐる状況をみると、高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などで、5年後、10年後の展望が描けない地域が増えています。
 そこで、集落・地域に暮らす農家の皆さんに、農業の将来、特に、どのような経営体が中心となって地域農業を引っ張っていくのか、どうやって中心となる経営体に農地を集めていくのか、といった「人と農地の問題」について、地域で真剣に考えていただくため、平成24年度から、「人・農地プラン」の作成とそのプラン実現に向けた各種支援策が設けられています。
 是非この機会に、皆さんで将来の地域農業について考えてみましょう。


■人・農地プランとは、人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」です■
 

 集落・地域が抱える「人と農地の問題解決」のため、 集落・地域における話合いによって、
 ◎ 今後の中心となる経営体(個人、法人、集落営農)はどこか
 ◎ 中心となる経営体へどうやって農地を集めるか(農地中間管理機構をどのように活用するのか)
 ◎ 中心となる経営体とそれ以外の農業者(兼業農家、自給的農家)
  を含めた地域農業のあり方(生産品目、経営の複合化、6次産業化)
 などを決めます。

 

 支援策や事業の概要は、国のホームページへ

 

人・農地プラン関連施策について

 人・農地プランに位置づけられると、各種支援(予算の範囲内)が受けられます。
 詳しいことが知りたい方や支援を受けたいとお考えの方は、次の窓口へお問い合わせ下さい。

 ○ 農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金)(準備型) 
   →事業の概要はこちら(国ホームページ)  
  ■問い合わせ先 
   →各地域の農林振興事務所 農林(業)普及課 担い手・農地マネジメント係

 ○ 農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金)(経営開始型)
   →事業の概要はこちら(国ホームページ)    
  ■問い合わせ先  
   →各市町村農林担当部署

 ○ 農地中間管理機構の活用
   →事業の概要はこちら(国ホームページ)
  ■問い合わせ先
   →なら担い手・農地サポートセンター

 ○ スーパーL資金の当初5年間無利子化 
   →事業の概要はこちら(国ホームページ)
  ■問い合わせ先
   →各地域の農林振興事務所 農林(業)普及課 担い手・農地マネジメント係
                      
 ○ 経営体育成支援事業 
   →事業の概要はこちら(国ホームページ)
  ■問い合わせ先
   →各市町村農林担当部署