業務紹介

  家畜保健衛生所では、主に、家畜の伝染病対策と畜産振興に関わる業務をおこなっています。
        業務内容            例

家畜伝染病予防業務

・予防接種              
・牛の結核病やブルセラ病などの検査  
・口蹄疫や鳥インフルエンザの発生を想定した防疫演習 
・病性鑑定

 食の安全・安心に関する業務

・牛海綿状脳症(BSE)検査      
・卵質検査               
・鶏卵のサルモネラ検査        

    家畜の生産性向上        に関する業務

・乳房炎検査            
・人工授精や受精卵移植による増殖奨励

動物薬事 
に関する業務

・動物用医薬品特例販売業者に対する許認可事務や立入

 畜産環境整備
に関する業務

・家畜排泄物の処理に対する指導    
・畜産経営に伴う衛生害虫、臭気や排水に対する指導
 

  卵室検査  卵質検査2
  卵質検査を行っているところ
  左:卵黄高     右:卵黄色 

  牛直検  豚注射

  直腸検査(牛)       予防接種(豚)
 
  豚演習

  口蹄疫の発生を想定した防疫演習の様子

  (平成289月 畜産技術センターにて)
 

  病鑑検査

  病性鑑定では細菌学、ウイルス学、生化学、病理学など様々な角度から疾病を検査します。