(1)ドクターヘリとは
 
 ○救急医療用の医療機器などが装備され、救急医療の専門医や看護師が
  搭乗する専用のヘリコプター
 ○医師による治療が早く開始でき、患者の救命率の向上や 後遺症の軽減
  などが期待されます


  

(2)運航開始日

  平成29年3月21日(火曜日)

(3)運航時間

  原則として午前8時30分~日没まで 365日運航
  夜間や天候不良時は運航不可


(4)出動範囲

  県内全域(片道15分以内で全県をカバー)

  
 

(5)出動要請

  119番通報を受けた消防機関が患者の重症度等を判断して要請
  (一般の方が直接要請することはできません)


(6)運航体制

  ○基地病院:県立医科大学附属病院
  ○基幹連携病院(ヘリ常駐):南奈良総合医療センター
 

     
   
  【ドクターヘリの共同利用】

   ・ 奈良県ドクターヘリ運航開始後も、従来より行ってきた
    三重県、和歌山県及び関西広域連合のドクターヘリの共同利用は
    継続して 実施します。
   ・ これにより、奈良県ドクターヘリが出動中は、他のドクター
    ヘリ出動を 要請できるなど、重複要請時にも対応できる体制を
    整備しています。


(7)ランデブーポイント

  ドクターヘリは原則として、あらかじめ設定したランデブーポイント
 (学校・公園等)に着陸します。
  救急現場からランデブーポイントまでは救急車で搬送されます。
  ただし、患者さんの容体によっては救急現場近くの安全が確保された
 場所に着陸することもあります。

  離着陸時には皆様方の御協力をお願いいたします。


(8)搭乗人数

  基本的にフライトドクター、フライトナース、操縦士、整備士の4名が
 搭乗して出動します。
  また、患者さんを最大2名まで搬送することができます。
  患者の家族の搭乗はフライトドクターが必要と判断し、機長が了解
 すれば可能です。
  また、関係する診療科の専門医、訓練中の医師及び看護師が搭乗する
 場合もあります。


(9)費用負担

  ドクターヘリによる搬送に伴う費用については、患者さんの負担は
 ありません。
  ただし、医師が救急現場やヘリコプター内で行った医療行為に
 ついては、医療保険制度に 基づき医療費がかかります。


 ○奈良県ドクターヘリリーフレット