春日山原始林は、都市公園である奈良公園の一部であるとともに、原生的状態を維持している貴重な原始林として特別天然記念物に指定され、また世界遺産「古都奈良の文化財」の一構成要素にもなっています。

しかし、近年、原始林の荒廃が指摘され、春日山原始林の照葉樹林が変容しつつあります。

自然的にも、歴史文化的にも貴重な価値を有する春日山原始林を次世代へ継承していくため、概ね100年後に春日山原始林をあるべき姿へ戻すことを目標とした「春日山原始林保全計画」をとりまとめました。

 

◆春日山原始林保全計画検討委員会での検討経緯はこちら

 

 ◆計画内容はこちら

はじめに(pdf 1.1MB)

1章 春日山原始林の沿革 (pdf 1.0MB)

◇第2章 春日山原始林の現況と課題 その1(pdf 3.5MB)
                   その2(pdf 4.6MB) 
                   その3(pdf 1.2MB)
3章 春日山原始林の保全 (pdf 3.7MB)

4章 運営及び体制 (pdf 695KB)

 

※資料に使用している写真等を無断で転用しないでください。

※資料に使用されている地形図は、平成26年520日付奈整都第154号の2で奈良市長の承認を得て、平成205月奈良市都市計画課作成の地形図に情報を付加したものです。