「県立ジュニアオーケストラ 第8回定期演奏会~音楽で世界を巡る~」を開催します!

平成23年に設立した奈良県立ジュニアオーケストラの第8回定期演奏会を開催します。子どもたちが心をひとつにして、様々な国を舞台とした名曲を演奏します!今回は声楽・ヴォイストレーナーとしても活躍する中村㔟津子氏(メゾソプラノ)をゲストに迎え、ビゼーの「カルメン」(演奏会形式)を披露します。こどもたちが奏でる力強い音楽で世界を旅してみませんか。
また、子どものための楽器体験を実施します。是非お申し込みください。

                                                 記
◆日時
 平成31年3月10日(日曜日) 開場:14時00分  開演:15時00分
◆場所
 奈良県文化会館 国際ホール(奈良県奈良市登大路町6-2)
(電話 0742-23-8921)
◆プログラム  
15時00分~17時00分(予定)

 エグモント序曲/ベートーヴェン
 アルルの女(第1組曲、第2組曲)/ビゼー

 モルダウ/スメタナ
 カルメン(第1組曲、第2組曲 No.7,No.9,No.11)/ビゼー ※演奏会形式

※ プログラムは予告なく変更する場合があります。

コンサートチラシは こちら

◆入場料無料(自由席) ※要事前申込み
チラシ裏面の申込書に必要事項をご記入のうえFAXにてお申し込みいただくか、Eメールにて郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号・入場希望人数・楽器体験希望の有無・氏名・年齢を下記までお送り下さい。

※2月27日(水曜日)までにお申し込みいただいた方には入場券を順次発送いたします。27日以降に申し込まれた場合、入場券は発送できませんので、当日席に空きがある場合に限りのご案内となります。
<あて先> 奈良県文化振興課 〒630-8501 奈良市登大路町30
FAX  0742-27-8481  
Eメール bunka-naraken@mahoroba.ne.jp
    ※未就学児入場可  

◆ゲスト
中村 㔟津子(メゾソプラノ) 
 奈良市生まれ。大阪教育大学特設音楽課程声楽科卒。奈良県新人賞で大阪フィルと共演。モーツァルテウム音楽大学留学。大阪フィル、関西フィル、スローバーク・フィル、モーツァルト室内管弦楽団、テレマン室内オーケストラ、オーケストラJAPAN2011等と、数多く共演。ウィーン、ザルツブルク、インスブルック、ワルシャワ、モスクワ、ブラッツォワ、エルサレム、ヴァチカン、トレドなどで、ミサ曲、聖歌、歌曲を独唱。国内では、東京文化会館、名古屋芸術劇場、大阪府民劇場、いずみホール、イシハラホールなどで独唱。ザ・シンフォニーホールでの朝日放送主催「100人の第九」のアルトソロは2000年~2018年まで、毎年出演している。また、「NHK-FM」「NHK-TVぐるっと関西」などの番組に出演。
 2011年東日本大震災への追悼で歌った、マーラー「亡き児を偲ぶ歌」は、そのライブCDがリリースされ、「レコード芸術」にて特選盤の評価を得た。一方、発声法を研究し、独自にあみ出した体作りは、クラシック、シャンソン、ジャズなどの歌手、教師、合唱団員、タカラジェンヌにも好評で、各地で高い信頼を得ている。アグリコラ・インスティチュート代表リタ・シュトライヒ、白石隆生、森晶彦、延原武春の各氏に師事。現在、日本テレマン協会特別会員、アグリコラ・インスティテュート(神戸、大阪、高槻、奈良、福岡)代表。現在、合唱指導にも定評のある梅沢和人氏(元大阪フィル・コンサートマスター)と、2016年から歌唱教室を開講し、多数の参加者から好評を得ている。

奈良県立ジュニアオーケストラ公式HP

  奈良県立ジュニアオーケストラの活動について、公式HPもご覧ください!

地域のみなさまへ

楽団員募集中
   応募用紙はこちら

楽団についてのお問い合わせは
   奈良県文化振興課まで♪
  → 0742-27-8917(直通)

奈良県立ジュニアオーケストラは
  平成23年6月12日(日)に発足しました♪