第10回東アジア地方政府会合を開催します

                      第10回東アジア地方政府会合を開催します

 「東アジア地方政府会合」は、平城遷都1300年を記念して奈良県が中心となって提唱し、毎年開催している国際会議です。この会合は、東アジア各国の地方政府の代表が、地域の実情や課題を報告し合い、共通する課題の解決に向けた議論を行うことで、相互理解を深め、地方政府の行政能力を高めることを目的としています。
 第10回会合では、下記のとおり、地方政府の関心が高い2テーマについて討議を実施するほか、第10回目の節目を記念して、「特別講演」等の記念プログラムを実施します。

                                記

1.開催日時
  令和元年11月6日(水曜日)~8日(金曜日) 会場 : ホテル日航奈良

2.討議テーマ及び講師
  テーマ1 「観光振興」
   講師: 藻谷 浩介 氏 〔(株)日本総合研究所主席研究員〕

      テーマ2 「地域で支える福祉・医療の充実」
   講師: 宮本 太郎 氏 〔中央大学法学部教授、北海道大学名誉教授〕

3.概要
   別紙(pdf 855KB)をご覧ください。

4.会員数(令和元年7月1日現在) 
   7カ国 72地方政府
   (内訳:中国16、インドネシア2、マレーシア1、フィリピン3、韓国8、ベトナム5、日本37)
       
                 ※今回の参加地方政府及び取材要領については、10月下旬に発表予定です。

重要なお知らせ

 海外に渡航されるみなさまへ

 海外に渡航される方は、最近の各地域の治安情勢を踏まえ、渡航先の国・地域の最新の渡航情報を以下のリンクからご覧ください

○国・地域別の渡航情報は、以下のリンクからご覧ください。
→ 海外安全情報について ※外部リンク(外務省海外安全HP)

○外務省では、海外に渡航される方の安心と安全のため、2種類の渡航登録サービスを提供しています。登録しておくと、滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時などの安全に関わる情報の提供をメールなどの方法により受け取ることができます登録は、以下のリンクからご覧ください。
→ 外務省「たびレジ」(3ヶ月未満の渡航を予定している場合) 
→ 外務省「ORRnet(在留届電子届出システム)」3ヶ月以上の滞在を予定している場合)
※外部リンク(各登録ページ)

※旅券法第16条により、外国に住所又は居所を定めて3ヶ月以上滞在する日本人は「在留届」を提出することが義務づけられています。ただし、外国での住所又は居所を定めず3ヶ月以上渡航する場合は、「たびレジ」に登録することができます。

○旅券(パスポート)の発給申請等については、以下のリンクからご覧ください。
→ 旅券の申請等について ※庁内リンク(奈良県旅券事務所)

国際課の主な担当業務

 国際課では国際交流係と東アジア連携係が国際交流や国際協力に関する業務を担当しています。

国際交流係

  海外との友好交流、外国青年の招致、海外技術研修員の受け入れ、北朝鮮による日本人拉致問題など

東アジア連携係

  東アジア地方政府会合に関すること、アジアコスモポリタン賞に関することなど

関係出先機関

  奈良県旅券事務所  パスポート(旅券)に関すること
  外国人支援センター 県内在住外国人・外国人留学生の生活支援等に関すること

お問い合わせ

国際課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
国際交流係 TEL : 0742-27-8477
東アジア連携係 TEL : 0742-27-5821