はじめての万葉集

県民だより奈良
2021年2月号

はじめての万葉集
【vol.82】
不聴(いな)と言へど 強(し)ふる志斐(しひ)のが 強語(しひかたり)
このころ聞かずて 朕(われ)恋ひにけり
持統天皇 巻三 (二三六番歌)
もう聞きたくないというのに強いる志斐の強い語りだけれど、
近頃は聞かないので私は恋しく思っているようだ。
しいかたり

 この一首は、「天皇」が「志斐の嫗(おみな)」に賜った歌です。直前の『万葉集』巻三の冒頭歌(二三五番歌)にもこの歌にも、「天皇」とだけあって何天皇かは明記されていないことから、天武天皇説、持統天皇説、文武天皇説があります。歌の内容や配列などから、現在は一般に持統天皇と考えられています。
 「嫗」とは高齢の女性を意味し、「志斐」はこの次に載る「志斐の嫗」が答えた歌(二三七番歌)の題詞の下に「名は未詳」と注があることから、氏の名であるとみられます。「志斐」は『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』にみえる「中臣志斐連(なかとみのしいのむらじ)」や「阿倍志斐連(あべのしいのむらじ)」との関わりが指摘されていますが、よくわかっていません。
 持統天皇が、もう志斐の「強語(しいかたり)」を聞きたくないのに聞かないと恋しくなると詠んだのに対して、嫗は「否(いな)と言へど語(かた)れ語れと詔(の)らせこそ志斐いは奏(まを)せ強語(しひかたり)といふ」(二三七番歌)と、もう話さないと言っているのに語れ語れと仰るから言うのだ、これこそ「強語」だ、と返しています。
 「強語」とはこじつけ話のこととされ、二三六番歌は「志斐」という氏の名にかけて天皇が嫗をからかった歌といえます。それに対して嫗は、無理やり語らせることをこそ「強語」というのだ、と機転を利かせて返しました。同じ音を繰り返し詠む即興的な戯れの歌であり、天皇と側近の女性との間の親しげな様子がうかがえます。
 持統天皇は、六八九年に「撰善言司(せんぜんげんし)」を任命しており、中国の『古今善言(ここんぜんげん)』にならって先人の説話を集成し修養に役立てようとした可能性が指摘されています。志斐の嫗と呼ばれた女性も、言葉に関する教育係のようなものだったのではないかともいわれます。
 心を潤し、人を育てるのは、今も昔も言葉であるようです。
(本文 万葉文化館 井上さやか)

しいかたり
万葉ちゃんのつぶやき
橿原市藤原京資料室
 橿原市藤原京資料室は、持統天皇が694年に遷都した藤原宮の大極殿跡西側にあります。藤原京のジオラマ模型をはじめ、柱や瓦などの出土品や古代衣装などを展示しています。入室無料。駐車場あり。
香具山
万葉歌碑
藤原京1/1000スケールのジオラマ模型
橿原市縄手町178-1
9時~17時(入室は16時30分まで)
月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
年末年始(12月25日~1月5日)
橿原市世界遺産登録推進課
電話 0744-21-1114
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設などにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社キョウエイアドインターナショナル(TEL:06-4797-8251)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
デジタル広報制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら