奈良祭時記

                        
県民だより奈良
2021年9月号

はじめての万葉集
Vol.23
柳生の宮座行事
奈良市柳生町にある柳生八坂神社で行われる伝統行事です。
柳生八坂神社宮司の石田さんと禰宜(ねぎ)の荻田さんにお話を伺いました。
影向の舞
影向の舞
奈良市 柳生八坂神社
江戸時代以前から伝わる神事芸能

 柳生町(上(かみ))と柳生下町(下(しも))の2つの地域では、柳生八坂神社を氏神とし、毎年10月の例大祭で神事芸能を奉納しています。
 江戸中期には神事芸能を行った記録があり、地元の人たちにより脈々と受け継がれてきたことが分かります。

氏神への奉納

 例大祭の朝は神事を主宰する家である頭屋(とうや)の家に集まります。紋付羽織袴から素襖(ソー)に着替え、祝詞(のりと)をあげ、頭屋の家に祀(まつ)られている氏神の分霊に相撲の舞、簓(ササラ)の舞、影向(ヨーガ)の舞を奉納します。食事などを済ませた後、庭に順番に並び、右回りに3回、円を描きます。一行には宮司も加わり、「ピー、ドン」と、笛と太鼓を奏でながら柳生八坂神社へとお渡りをします。御幣と御神体である楽器と装束を入れる「御神箱(カミサン)」もそのあとに続きます。到着後、舞台で相撲の舞、簓の舞、影向の舞を奉納します。2人1組で舞う相撲の舞は、ぴったりと息の合った2人の声や動作、簓の舞は竹で作られた楽器・ビンザサラの音色、影向の舞は扇子を使った舞と詞章(ししょう)が特徴です。一つ一つの動作を行う際には笛と太鼓が鳴らされ、例大祭当日、柳生八坂神社の境内は荘厳な雰囲気に包まれます。
 お渡り前の宴では、謡(うたい)のことを「肴(さかな)」と呼び、酒も出され、皆がにぎやかに謡(うた)を謡います。酒に酔う者もいますが、いざ舞台に上がると気持ちが引き締まり、皆真剣な表情で舞を奉納します。

御神体である「御神箱」
御神体である「御神箱」
神事芸能への強い気持ち

 10年程前までは、柳生の宮座は柳生上・下の氏子の年長者各12人(「十二人衆(ジュウニンシュウ)」と呼ぶ)、両地域合わせて24人で構成されており、役割を1年ずつ交替し例大祭を行っていました。
 しかし、現在は、担い手が減少し、柳生上・下の8人でこの伝統を守っています。「代々受け継がれてきた伝統を絶やさずに、次の世代に継承していかなければならない」との思いから、継承者を増やすため、地域の人へ広く声をかけています。

米谷さん、岡本さん、烏帽子さん
石田さん、荻田さん
柳生の宮座行事
10月17日
薬師堂
奈良市柳生町363
無形民俗文化財については、県文化財保存課
電話

0742‐27‐8124

FAX

0742‐27‐5386

※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設などにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社キョウエイアドインターナショナル(TEL:06-4797-8251)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
デジタル広報制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら