はじめての万葉集

県民だより奈良
2022年1月号

はじめての万葉集
【vol.93】
奥山の 真木(まき)の葉凌(しの)ぎ 降る雪の
降りは益(ま)すとも 地(つち)に落ちめやも
橘奈良麻呂(たちばなのならまろ) 巻六 (一〇一〇番歌)
奥山の真木の葉をおし靡(なび)かせて降る雪が、いっそう降りしきるとも、橘の実が地に落ちることなどありましょうか。
橘の賀歌

 この歌には「橘宿禰(すくね)奈良麻呂の、詔(みことのり)に応(こた)へたる歌一首」という題詞があります。橘諸兄(たちばなのもろえ)の子・奈良麻呂が、聖武天皇(あるいは元正上皇)のお言葉に応じて詠んだ歌です。この歌の意味を考えるには、一つ前の歌から見ておく必要があります。
橘は 実さへ花さへ その葉さへ 枝に霜降れど いや常葉(とこは)の樹
(橘は実までも花までも輝き、その葉まで枝に霜が降りてもますます常緑である樹よ。/一〇〇九番歌)
 ご存じの方もおられると思います。私自身、リズムがよくて好きな歌の一つです。ものすごく橘をほめたたえていますね。題詞に「冬十一月に、左大弁葛城王等(さだいべんかづらきのおほきみたち)に姓橘氏を賜ひし時の御製歌一首」とある通り、天平八(七三六)年十一月に葛城王(橘諸兄)が橘の姓を賜った時の歌です。左注には元正上皇・聖武天皇・光明皇后が宴席でそれぞれ「橘を賀(ほ)く歌」を作った、とあり、一〇〇九番歌の作者は一説に元正上皇かといわれています。橘諸兄は敏達(びだつ)天皇の子孫ですが、母方の橘姓を願い出て臣籍に降りました。その賜姓を祝うため、このように橘が永遠であることが歌われています。
 記紀にも、垂仁(すいにん)天皇の時代にタヂマモリが常世国から橘を持ち帰ったという伝えがあります。橘は「時じくの香菓(かくのみ)」とも呼ばれ、時を定めず(いつも)よい香のする輝かしい果実だとされていました。
 さて、一〇〇九番歌では「霜」が、一〇一〇番歌では「雪」が詠まれます。これは、和銅元(七〇八)年、諸兄の母県犬養三千代(あがたのいぬかいのみちよ)が橘姓を称した際の元明天皇の勅に「(橘の)柯(えだ)は霜雪を凌いで繁茂(しげ)る」とあるのをふまえたものです。「地に落ちない」(一〇一〇番歌)のは橘のことで、苦難があっても橘氏の力が衰えないことを自ら表明しています。この時奈良麻呂は十五、六歳。この堂々たる歌いぶり、実際は諸兄が作った歌ではないかという説があります。
 この翌年、疫病(天然痘)の流行により藤原四子が次々に亡くなり、諸兄が政権を握ります。橘の名にふさわしく輝き、正一位にまで昇りました。
(本文 万葉文化館 阪口由佳)            

橘の賀歌
万葉ちゃんのつぶやき
奈良と橘
 橘は別名「大和橘(やまとたちばな)」とも呼ばれ、日本固有の柑橘(かんきつ)です。万葉集で数多く詠まれたほか、古事記、日本書紀では垂仁天皇が多遅麻毛理(たじまもり)(田道間守)に命じて探させた不老不死の霊薬(れいやく)として登場するなど、奈良に大変ゆかりがあります。
 県産業振興総合センターでは、橘の花から酵母の分離に成功しており、現在、奈良県独自の「橘花(きっか)酵母」を使ったビールの開発に取り組んでいます。
橘の花
柑橘
県産業振興総合センター
電話 0742-33-0863
URL www.pref.nara.jp/1751.htm
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設などにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社キョウエイアドインターナショナル大阪支社(TEL:06-4797-8251)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
デジタル広報制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら