はじめての万葉集

県民だより奈良
2023年1月号

はじめての万葉集
【vol.105】
うつせみし 神に堪(あ)へねば
離(さか)り居て 朝嘆く君
放(さか)り居て わが恋ふる君
玉ならば 手に巻き持ちて
衣(きぬ)ならば 脱(ぬ)く時もなく
わが恋ふる 君そ昨(きそ)の夜(よ)
夢(いめ)に見えつる
婦人(をみなめ) 巻二 (一五〇番歌)
生きている身体は神の力にさからえないので、遠く去ってしまって、朝も私の嘆くあなた、遠く思慕(しぼ)するあなた。
もし玉ででもあったら手に纒(ま)いてもち、衣だとしたら脱ぐ時もないように私の恋うるあなたは、昨夜の夢に現われて来ました。
わが恋ふる君

 この歌は六七一年十二月に天智天皇が崩御した際、姓氏不明の婦人が詠んだ歌です。この歌の前には倭大后(やまとのおおきさき)の歌が、後には石川夫人(いしかわのぶにん)、額田王(ぬかたのおおきみ)らの歌が並び、「天智天皇挽歌(ばんか)群」とも呼ばれる九首(一四七〜一五五番歌)の中の一首です。
 題詞には「天皇の崩(かむあが)りましし時に、婦人の作れる歌一首」とありますが、この歌だけを取り出してみたとき、挽歌(死に関する歌)というより相聞(そうもん)(恋の歌)の要素を強く感じます。
 前半では遠く離れている「君」を嘆き、恋い求めています。類似した表現は恋の歌にも見え、例えば大伴家持(おおとものやかもち)が恋人の坂上大嬢(さかのうえのおおおとめ)に贈った長歌には「…うつせみの人にあるわれやなにすとか一日一夜も離り居て嘆き恋ふらむ…」(現世の人間である私は、どうして一日中も一晩中も、このように離れていて嘆き恋しく思っているのだろうか。/巻八・一六二九番歌)とあります。
 また、後半の表現も恋の歌に見え、たとえば坂上大嬢が家持に「玉ならば手にも巻かむをうつせみの世の人なれば手に巻きがたし」(あなたが玉でしたら、手にも巻いて離さずにいましょうものを、現実の世の人ですので、手に巻きかねます。/巻四・七二九番歌)と歌うと、家持も玉になってあなたの手に巻かれたいと答えています(巻四・七三四番歌)。今回の挽歌を家持と坂上大嬢が相聞に転用した可能性もありますが、恋の歌にあって違和感のない歌い方です。また「夢」も万葉集では恋の歌に用いられる例がほとんどです。
 今回の歌は「うつせみし神に堪へねば」の冒頭二句で挽歌たりえていると言えます。現世の人間は神には抗(あらが)えない、寿命に逆らえないと規定しており、「離り居て」も単に距離が離れているのではない、死による別離として嘆きが表されています。
 この後、壬申(じんしん)の乱が起こり、天武天皇が即位します。天武・持統天皇のころから柿本人麻呂が活躍し、数々の挽歌を作って発展させますが、今回の歌はそれ以前のごく初期の挽歌です。対句が整っていない、たどたどしい歌とも言われますが、「わが恋ふる君」への恋情を繰り返し記すこの歌には率直な魅力があります。作者の名が記されないながらもここに載せられているのは、この歌の力によるのではないかと考えられます。
 この相聞のような挽歌からは、対象が生きていても亡くなっていても「恋ふる」気持ちは同じなのだと実感できます。
(本文 万葉文化館 阪口由佳)

万葉ちゃんのつぶやき
なら記紀・万葉
名所図会―壬申の乱編―
 日本古代史上最大の戦乱である「壬申の乱」から今年で1350年となるのを機に、『なら記紀・万葉名所図会―壬申の乱編―』を発行しました。気軽に県内の歴史文化資源に触れてもらえるよう、多彩な風景写真や『万葉集』の引用などを掲載し、壬申の乱の「名所」を魅力的に紹介しています。

なら記紀・万葉
県文化資源活用課、各市町村観光振興担当課などで無料配布しています。
なら記紀・万葉 名所図会|なら記紀・万葉 (pref.nara.jp)
電子ブック版はこちら▲
県文化資源活用課
電話 0742-27-8975
12月号の解説本文2段目の9行目「巻一・一一六番歌」は「巻二・一一六番歌」の誤りでした。お詫びして訂正します。
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設などにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ジチタイアド(TEL:092-716-1401)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
デジタル広報制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら