奈良県景観資産―大峰山脈が眺望できる宇陀松山城跡―

012A2011

(大峰山脈への眺望)


012a2011
(額井岳の方向への眺望 2018年1月25日撮影)

景観資産トップページへ戻る


番号 012A2011
種別 眺望地点
所在地 宇陀市大宇陀
近景
中景
遠景 大峰山脈
登録テーマ 四神八景・青龍
解説 宇陀松山城跡からの眺めは素晴らしく、南には大峰山脈、北には「大和富士」とも呼ばれる額井岳(ぬかいだけ)を初めとして、周囲の山々を一望できます。
宇陀松山城は南北朝期に宇陀郡を領分する有力国人の秋山氏が居城として古城山に山城を築いたのに始まり、大阪夏の陣後に廃城となりました。

現地へのアスセス

自動車(周辺駐車場の有無)

大宇陀バスセンター(道の駅)無料駐車場 約30台

自転車(周辺の自転車道)

奈良まほろばサイク∞リング
T3宇陀水分コース

徒歩(公共交通機関を利用)

近鉄榛原駅下車 大宇陀行きバスで終点下車 徒歩20分                   





より大きな地図で 奈良県景観資産 大峰山脈が眺望できる宇陀松山城跡  を表示

○Google ストリートビューで現地への訪問を体験してみる
*スマートフォンでの閲覧時に、端末の動きに合わせて画像が動くのを防ぎたい場合
    →ストリートビュー右端のアイコンより、「ジャイロビュー」をオフにしてください。

・本丸からの眺め

 

・天守郭からの眺め

   

・本丸の広場を散策する

アコーディオン全表示切替

又兵衛桜

奈良カエデの郷ひらら

「奈良県景観資産」に関するお問い合わせ先

奈良県庁景観・自然環境課
景観・屋外広告係

TEL:0742-27-8752(ダイヤルイン)
FAX:0742-22-8276