文化財保存課・文化財保存事務所

新着情報

県指定文化財 談山神社東大門 修理工事竣工のお知らせ

 

 平成26年7月に着手しました県指定文化財 談山神社東大門(たんざんじんじゃひがしだいもん)保存修理工事がこの度竣工しましたのでお知らせします。全解体修理を施し、談山神社の表玄関の威容を取り戻しました。


●談山神社東大門の修理について
 談山神社東大門は昭和44年(1969)に半解体修理を受けてから45年が経過し、屋根に落葉が堆積したことにより雨漏りが生じていました。また、地盤は恒常的に湿潤な状態で、礎石の沈下、柱足元の腐朽が進行していました。今回の保存修理では、建物全体を覆う枠組足場による素屋根を建設し、すべての部材を解体しました。また、東大門の地盤の水はけを良くするために西側に雨落ち溝を設け、礎石が沈下しないようにコンクリート基礎を設け、その上に礎石を据えなおしました。扉の金具はできる限り再用し、欠失したものは新たに作成して取り付けました。


●談山神社東大門について
  談山神社東大門は多武峰谷(とうのみねたに)一の橋の西に建ち、旧妙楽寺護国院(みょうらくじごこくいん)の惣門(そうもん)として創建されました。谷の入り口を木柵塀(もくさくべい)で塞ぎ、そのやや北寄りに高麗門(こうらいもん)と潜戸(くぐりど)を備えた袖塀(そでべい)を構えます。旧妙楽寺は藤原鎌足の子定慧が鎌足の墓を摂津国阿威山より移し、その上に十三重塔を建立したのに始まると伝えられます。
 東大門の規模は高麗門の間口4.65m、棟高6.25mで木柵塀の両端の長さが19mになります。
 建立年代は不明ですが、化粧垂木に享和3年(1803)の墨書が発見されています。
 なお、 昭和41年1月13日に奈良県指定文化財(建造物)に指定されています。



談山神社東大門 竣工正面全景写真

県指定文化財 談山神社東大門 竣工正面全景

クラウドファンディング事業

 当課では、平成28年度に寄付型クラウドファンディングによりe-BOOK『楽しく学べる ならの文化財』を

作成しました。

 _e-BOOK「楽しく学べる ならの文化財」の発行について

 


 

  


奈良県文化財建造物保存修復講座について

本講座では、文化財建造物の修復に必要な技術の継承のための人材育成を目的とし、文化財建造物修復技術者に求められる知識、技術の習得を目指します!

左官コース(荒壁編)

文化財建造物における左官の仕事を理解し、左官に関する知識(歴史・特徴・工法など)や技術を学ぶ。

   募集人数:5名

   講座日程:令和4年9月3日(土曜日)~令和5年2月末日

        土曜日開催 全8回 36時間

   開催場所:なら歴史芸術文化村 文化財修復棟・芸術文化体験棟

   受講費用:無料(作業服など身につける物は持参)

瓦製作コース(初級編)

文化財建造物における瓦職人の仕事を理解し、瓦製作に関する知識(歴史・特徴・工法など)や技術を学ぶ。

   募集人数:5名

   講座日程:令和4年9月9日(金曜日)~令和5年1月末日

        土曜日開催(9月9日は除く) 全8回 36時間

   開催場所:なら歴史芸術文化村 文化財修復棟・芸術文化体験棟

   受講費用:無料(作業服など身につける物は持参)

  

申し込み方法

募集期間:令和4年7月8日~8月1日(当日消印有効)

書式をダウンロードの上、下記まで郵送のこと。

   左官コースチラシ(pdf 199KB)

   瓦製作コースチラシ(pdf 234KB)

   申込書ダウンロード(左官コース)(pdf 812KB)

   申込書ダウンロード(瓦製作コース)(pdf 963KB)

問い合わせ先

奈良県文化・教育・くらし創造部 文化財保存事務所

〒632-0032 奈良県天理市杣之内町437-3 なら歴史芸術文化村

TEL:0743-86-4483 FAX:0743-86-4920

 

 

お問い合わせ先:文化財保存課・文化財保存事務所

お問い合わせフォームはこちら

電話番号:(総務企画係)0742-27-9864
(建造物係及び文化財保存事務所)0742-27-9865
(記念物・埋蔵文化財係)0742-27-9866
ファックス:0742-27-5386(各係及び文化財保存事務所共通)