「自主防災組織」とは?

 自主防災組織とは、地域住民が「自分たちの地域は自分たちで守る!」という意識に基づき自主的に結成し、自発的な防災活動を行っている組織です。
 災害対策基本法では「住民の隣保協同の精神に基づく自発的な防災組織」を自主防災組織としています(第二条の二 第二号)。

        男の赤ちゃんいぬ女の子おばあさんおじいさんおとうさんおかあさんおとこのこおねえさんおにいさんねこ




自主防災組織についての説明資料

自主防災組織についての基本的な説明資料

  ●『地域の取り組み・自主防災組織とは?
   (奈良県、1.2MB  ※JPEG形式:右クリックの次に「対象をファイルに保存」を選択し、
                  デスクトップ等に保存の後に利用されると便利です)

  ●『自主防災組織で守る地域の安全』(奈良県、4.4MB、 PDF形式) 

自主防災組織についてもっと詳しく知りたい!

  ●テキスト『自主防災組織の手引』 (総務省消防庁、PDF形式)

  ●自主防災組織 教育指導者用教本・住民用教本・サバイバルグッズ作り(消防大学校のホームページ)

  ●地域の安全・安心を高める活動案(ノウハウ集)(奈良県安全・安心まちづくりチャレンジ事業のページ)

  ●消防白書 (総務省消防庁)

  ●総務省消防庁ホームページ 「地震などの災害に備えて」 (各種パンフレット・資料があります)

広報誌

  ●県民だより奈良(2010年9月号)自主防災特集 ※記事末尾のプレゼントの応募は終了しています。

  ●県民だより奈良(2014年1月号)特集「誰もが安全・安心に暮らせる奈良づくり」

動画・番組

  ●防災学習DVDビデオ『地震だ!その時どうする?』 20分番組(総務省消防庁)

  ●奈良!そこが知りたい 2010年8月21日「地域で災害に立ち向かう!」30分(奈良県広報広聴課)

  ●奈良!そこが知りたい 2013年3月16日「巨大地震に備えよ 今必要な震災対策」30分(奈良県広報広聴課)




注目奈良県作成の防災に関するパンフレットについてはこちらをクリックしてください。(新しいページが開きます)


    

 自主防災訓練への支援

 自主防災組織が行う防災訓練について、県と市町村が支援やアドバイスをおこない、地域自らの防災力の向上をはかる事業を行っています。

・2016年10月23日(日)平成28年度奈良県近畿府県合同防災訓練(奈良県訓練・
五條市訓練)に伴う避難所開設・運営訓練への支援 

    →Web情報誌「安全・安心通信」第38号(2016年10月発行)(PDF形式)で紹介


2016年11月6日(日)十津川村二村区への地域防災向上支援ワークショップ

   → (訓練実施要項はこちら)

自主防災組織の結成促進に向けて(自主防災組織率について)

 平成28年4月1日時点の自主防災組織率と、奈良県の取り組みについてお知らせします。

  
    ◇ 奈良県と全国都道府県の自主防災組織率の推移と伸び率 (平成29年1月10日更新)
     (PDF形式) 
(エクセル形式)
     
     
     (PDF形式) (エクセル形式)

※「自主防災組織率」とは・・・管内世帯数のうち、自主防災組織がその活動範囲としている世帯数の割合のことで、消防白書などに記載の「自主防災組織による活動カバー率」と同じ意味です。