音楽監督/指導 
 梅沢 和人(うめざわ かずと)音楽監督


桐朋学園大学音楽学部[ディプロマ]修了後渡米、エール大学院音楽科を首席で卒業。
テネシー州ナッシュビル交響楽団にコンサートマスターとして入団。
2010年春まで大阪フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター。
これまでに東京交響楽団、札幌交響楽団、群馬交響楽団、神奈川フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、他のゲストコンサートマスターを歴任。
ソロ活動も、韓国インチョン交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団他と協奏曲を、ハンガリーリスト音楽院ホール、タイ大使公邸にてリサイタルを行うなど、国内外で数多く活動。
後進の指導者としても、桐朋学園大学オーケストラ アカデミー、明石ジュニアオーケストラ(特認)など日本各地のゲストコーチとして、絶大な信頼を得ている。

2011年4月より桐朋学園大学音楽学部非常勤講師。
同年6月より 奈良県立ジュニアオーケストラ音楽監督に就任。

幼児・アマチュア・プロの為の[梅沢バイオリン塾] 塾長。
 

チェロトレーナー 


 松隈 千代恵(まつくま ちよえ)松隈先生

10歳より音楽研究会にてチェロを始める。

京都市立芸術大学 音楽学部卒業。

これまでにチェロを上村昇、岩谷雄太郎各氏に、室内楽を河野文昭、阿部裕之、アルテンベルク・トリオ・ウィーンの各氏に師事。

1998年より大阪フィルハーモニー交響楽団チェロ奏者。