6次産業化

 令和2年度 奈良6次産業化サポートセンターの支援対象者募集

 県ではこれまで、6次産業化に取り組む農林漁業者全てを対象に、個別課題の解決や各種相談など幅広く6次産業化プランナーを派遣することにより取組を推進してきました。しかし、今年度より国の事業が大幅に見直され、5年間の経営改善目標を自ら掲げる者の中から「支援対象者」を選定し、その方に対してプランナーを派遣することになりました。

 そこで、県内で6次産業化に取り組んでいる方、又は今後取り組みたい方で、プランナーによる様々なサポートを希望される方を対象に支援対象者を募集します。

支援内容 経営改善に必要な個別課題解決のための6次産業化プランナーの派遣

支援期間支援対象決定後(令和2年6月下旬予定)~ 令和3年2月末日

  

応募要件

 (1)支援実施後5年間の経営改善目標を自ら掲げる者

 (2)支援実施の翌年度以降5年間、毎年経営改善状況報告書を作成し提出できる

●募集期間 令和2年522(金曜日)6月22(月曜日)

●提出書類 

  ・申込書(様式1)

  ・直近3年分の財務諸表(確定申告書、決算報告書など

 ※書類作成についてのご相談は、地域の農林振興事務所または豊かな食と農の振興課美味しい奈良推進係まで。

●ご質問・提出先 

奈良県 食と農の振興部 豊かな食と農の振興課 美味しい奈良推進係

 〒 630-8501 奈良市登大路町30  TEL: 0742-27-7401

●関係書類は、こちらからダウンロードしてください。

 令和2年度 奈良6次産業化サポートセンター支援対象者公募要領(pdf 175KB)

 チラシ:奈良6次産業化サポートセンターの支援対象者募集!(pdf 195KB)

 申請書(様式1)(xlsx 50KB)

   申請書(記入例)

奈良6次産業化サポート事業委託業務の公募型プロポーザル方式による受託者選定について

令和2年度 奈良6次産業化サポート事業委託業務について、次のとおり公募型プロポーザル方式により受託者を選定しますので、公告します。

(1) 公告日 公告(pdf 304KB)

  令和2年4月27日

(2) 質問の受付期限

  令和2年5月11日(月曜日)午後5時まで

(3) 参加表明書の提出期限

  令和2年5月15日(金曜日)午後5時まで

(4) 企画提案書の提出期限

  令和2年5月25日(月曜日)午後5時まで

業務説明書の交付は次のとおりです。

 交付期間 令和2年4月27日(月曜日)から令和2年5月15日(金曜日)まで

      ※県庁閉庁日を除く午前9時から午後5時まで(正午から午後1時を除く)

 交付場所 奈良県食と農の振興部豊かな食と農の振興課または豊かな食と農の振興課ホームページ

      〒630-8501 奈良市登大路町30番地(県庁分庁舎5階)

      電話番号 0742-27-7401

      業務説明書(pdf 543KB)

      様式1-(1)参加表明書(doc 29KB)

      様式1-(2)会社概要(docx 13KB)

      様式1-(3)本件業務と同類の業務を実施した実績に関する書面(docx 21KB)

      様式2-(1)(2)(3)企画提案書、奈良6次産業化サポート事業委託業務に関する企画提案、積算書(doc 42KB)

 奈良6次産業化サポートセンターについて

現在、奈良6次産業化サポートセンターは閉所しています。

開所は、令和2年6月を予定しております。

令和元年度「奈良6次産業化チャレンジ交流会」を開催します!

~新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止となりました~

 

6次産業化を目指す農林漁業者と流通業者等異業種との交流を図るため、「奈良6次産業化チャレンジ交流会」を開催します。

 
日時:令和2年3月4日(水曜日)14時00分~16時30分

場所:THE KASHIHARA(旧橿原ロイヤルホテル)3階 大原の間・朝倉の間

参加費:無料

対象:県内の農林漁業者又は県内で事業展開をお考えの方

   新たな商品開発、販路開拓など事業のネットワーク拡大を目指す方

定員:20名(定員になり次第締切)

申込:チラシ裏面参加申請書に記入の上、FAX・メールにてサポートセンターまで。
   電話での申し込みもお受け付けします。

申込先・問合せ先:奈良6次産業化サポートセンター
         〒630-8115 奈良市大宮町3ー4-29 大宮西田ビル7階(株式会社JTB奈良支店内)
         FAX:0742-30-5123    TEL:0742-30-5117

 

  詳しくはチラシをご覧ください。⇒   ちらし

 

奈良6次産業化サポートセンターのホームページは こちら (※外部サイト)

 

令和元年度「奈良6次産業化インターンシップ」を開催します!

~終了しました~

 

6次産業化を目指す方を対象に、商品開発や販路開拓、事業経営をしていく上での知識習得を目的とした「奈良6次産業化インターンシップ」を開催します。

 
日程:令和2年1月10日~2月14日(期間中5プログラム)

 

プログラム及び会場:

 (1)令和2年1月10日(金曜日)13時30分~15時00分 明日香夢の旬菜館(明日香村)

     「フリーズドライ製造機の見学と体験、製造工程のしくみについて」

 (2)令和2年1月15日(水曜日)13時30分~15時00分 井上天極堂本社工場(御所市)

     「奈良の伝統食材吉野葛を用いたお菓子などの手づくり体験と工場見学」

 (3)令和2年1月21日(火曜日)10時30分~13時30分 曽爾高原ファームガーデンお米の館(曽爾村)

     「米粉パン作り体験~曽爾村が取り組む6次産業化~」

 (4)令和2年2月5日(水曜日)13時30分~15時00分 農業法人農悠舎王隠堂(五條市)

     「地元で収穫した農産物の加工工程の見学・体験」

 (5)令和2年2月14日(金曜日)13時30分~15時00分 農業公園信貴山のどか村(三郷町)

     「こんにゃくの製造工程の見学・体験、古都華エールの工程について」

 

対象者:県内の農林漁業者等で6次産業化による起業や事業展開をお考えの方

 

参加費:無料

 

定員:各回10名(定員になり次第締切)

 

申込み:チラシ裏面受講申請書に記入の上、FAX・メールにてサポートセンターまで。電話での申し込みもお受け付けします。

 

申込み先・問合せ先:奈良6次産業化サポートセンター

                            〒630-8115 奈良市大宮町3ー4-29 大宮西田ビル7階(株式会社JTB奈良支店内)
           FAX:0742-30-5123    TEL:0742-30-5117 

 


奈良6次産業化サポートセンターのホームページは こちら (※外部サイト)

 

 チラシ表面pdf   チラシ裏面pdf

 

令和元年度「奈良6次産業化チャレンジセミナー」を開催します!

~終了しました~

 

6次産業化を目指す方を対象に、商品開発や販路開拓、事業経営をしていく上での知識習得を目的とした「奈良6次産業化チャレンジセミナー」を開催します。

 
 日程 : 令和元年10月23日~令和元年12月12日

 対象者: 県内の農林漁業者等で6次産業化による起業や事業展開をお考えの方

 参加費: 無料

 定員 : 各回30名(定員になり次第締切)

 申込み: チラシ裏面受講申請書に記入の上、FAX・メールにてサポートセンターまで。
      電話での申し込みもお受け付けします。

 申込み先・問合せ先: 奈良6次産業化サポートセンター
            〒630-8115 奈良市大宮町3ー4-29 大宮西田ビル7階(株式会社JTB奈良支店内)
            FAX:0742-30-5123    TEL:0742-30-5117 

    奈良6次産業化サポートセンターのホームページは こちら (※外部サイト)

 

   詳しくはチラシをご覧ください。⇒ pdf

「植村牧場」が「第1回 ディスカバー農山漁村(むら)の宝」に選定!


 内閣官房及び農林水産省が新たに実施する「第1回 ディスカバー農山漁村の宝」において、全国の251団体の応募の中から、23団体の取り組みが優良事例として選定され、その中の一つに奈良市の「植村牧場」が選ばれました。


1.牧場のご案内 
   【 名 称 】植村牧場 
   【 住 所 】〒630-8102 奈良市般若寺町168
   
2.取り組み概要 
    ~ 日本一遅れた牧場と奈良の名物アイス ~
    ・障害者14名(うち住み込み10名)、高齢者4名を常時雇用し牧場を経営。
    障害者が主戦力。
   ・奈良県で最も古い牧場。創業当時からの木造茅葺の牛舎で約30頭の乳牛を飼育し、
           近隣に牛乳を配達。
   ・自家生乳でアイスクリーム等を製造販売。奈良女子大学、近隣農家、県(農業水産
           振興課・マーケティング課)の共同で「奈良漬け、大和野菜(大和まな、小しょう
    が)、イチゴ(アスカルビー)を使ったアイスクリーム」を開発。

       【報道資料】(PDF 242KB)