「植村牧場」が「第1回 ディスカバー農山漁村(むら)の宝」に選定!


 内閣官房及び農林水産省が新たに実施する「第1回 ディスカバー農山漁村の宝」において、全国の251団体の応募の中から、23団体の取り組みが優良事例として選定され、その中の一つに奈良市の「植村牧場」が選ばれました。


1.牧場のご案内 
   【 名 称 】植村牧場 
   【 住 所 】〒630-8102 奈良市般若寺町168
   
2.取り組み概要 
    ~ 日本一遅れた牧場と奈良の名物アイス ~
    ・障害者14名(うち住み込み10名)、高齢者4名を常時雇用し牧場を経営。
    障害者が主戦力。
   ・奈良県で最も古い牧場。創業当時からの木造茅葺の牛舎で約30頭の乳牛を飼育し、
           近隣に牛乳を配達。
   ・自家生乳でアイスクリーム等を製造販売。奈良女子大学、近隣農家、県(農業水産
           振興課・マーケティング課)の共同で「奈良漬け、大和野菜(大和まな、小しょう
    が)、イチゴ(アスカルビー)を使ったアイスクリーム」を開発。

       【報道資料】(PDF 242KB)