new

 平成29年度6次産業化ネットワーク活動交付金事業(推進事業・整備事業)の要望調査について


    奈良県では、国から交付金を受けて実施する「農業の6次産業化支援事業」について要望調査を実施します
   ので、希望される方は下記によりご応募ください。
    本調査により平成29年度所要額を把握し、農林水産省に交付を要望します。
    また、平成29年度の事業内容は、農林水産省の平成29年度予算等の動向により、現在の事業内容と異なる可
   能性がありますので、あらかじめ御了承ください。

  1.事業の趣旨
     農山漁村の所得や雇用の増大、地域活力の向上を図るため、地域の創意工夫を活かしながら、多様な
    事業者によるネットワークを構築して取り組む商品開発や販路開拓、農林水産物の加工・販売施設の整
    備等を支援します。

  2.公募対象事業
   ソフト事業
    ○推進事業・事業者タイプ(補助率1/3以内・市町村の戦略に基づく取組は1/2以内)
    ・加工適性のある作物導入 
    ・新商品開発・販路開拓の実施
    ○推進事業・地域タイプ(補助率1/2以内・主体は市町村等)
    ・市町村が定める戦略に基づいて行われる加工適性のある作物導入等

   ハード事業
    ○整備事業・事業者タイプ(補助率3/10以内(融資額上限)・補助金上限1億円)
    ・農林水産物等の加工・流通・販売等のために必要な施設等の整備
    ○整備事業・地域タイプ(補助率1/2以内(融資額上限)・補助金上限3千万円・主体は市町村等)
    ・市町村が定める戦略に基づいて行われる新商品開発に用いる加工機械等の整備

  3.事業の概要及び応募資格
     事業の概要は農林水産省通知集「6次産業化に関する予算等について」をご参照下さい。
    6次産業化に関する予算等について(外部リンク:農林水産省)

  4.提出書類
    ・事業計画書(推進事業・事業者タイプ)(Word 311KB)  
    ・事業計画書(推進事業・地域タイプ) (Word 517KB) 
    ・事業計画書(整備事業・事業者タイプ)(Excel 162KB)
    ・事業計画書(整備事業・地域タイプ)   (Excel  65KB) 
    ・事業計画書に定める添付資料
    ・整備事業(事業者タイプ)にあっては、総合化事業計画・農商工等連携事業計画の写し

  5.提出期限
     平成28年9月30日(金)     
  
  6.提出方法
     郵送で下記まで送付
    
  7.提出先及び問合せ先
     〒630-8501 奈良市登大路町30
     奈良県農林部マーケティング課美味しい奈良推進係 川口
     TEL:0742-27-8923

  その他 ・採択の可否は、国の審査を受け4月上旬(予定)にお知らせします。
      ・必要に応じ追加資料をお願いする場合があります。
      ・国の動向により公募内容(様式等)に変更が生じる可能性があります。

平成28年6月6日(月) 「奈良6次産業化サポートセンター」を開設します。

 

 設置期間 : 平成28年6月13日(月)~平成29年3月28日(火)

 設置場所 : 奈良市西御門町28 北川ビル3F(株式会社JTB西日本 奈良支店内)


【サポートセンターの業務概要】
  (1)6次産業化専門家等の派遣による個別相談対応や助言によるサポート活動
  (2)食品加工や商品開発等の課題解決に役立つ実践的な研修会の開催
  (3)販路拡大や新たな連携につながるマッチングを目的とする交流会の開催

【相談受付】
  電話相談や来所による窓口相談を受け付けます。
  (1)窓口運営日と運営時間
     平日(月~金曜日) 9時30分から17時30分まで
     土・日・祝日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)は休業
     ※直接サポートセンターへ来られる場合は、事前にご連絡をお願い致します。
  (2)電話番号
     0742-85-0068(サポートセンター専用)

   報道資料(PDF 167KB)

6次産業化プランナー派遣

  
 6次産業化プランナーの派遣をご要望の方は、派遣申込書にご記入の上、奈良6次産業化サポートセンターまでお送り下さい。

  【派遣申込書】
          *PDF版 (PDF 145KB)  *Word版 (Word 60KB)

       

奈良6次産業化サポートセンター[JTB西日本 奈良支店内]

   〒630-8225 奈良市西御門町28 北川ビル内
   TEL0742-85-0068 FAX0742-26-2521
   
E-mailnara6sapo@west.jtb.jp
   担 当:加藤・則包・松田・伊藤・森田




「植村牧場」が「第1回 ディスカバー農山漁村(むら)の宝」に選定!


 内閣官房及び農林水産省が新たに実施する「第1回 ディスカバー農山漁村の宝」において、全国の251団体の応募の中から、23団体の取り組みが優良事例として選定され、その中の一つに奈良市の「植村牧場」が選ばれました。


1.牧場のご案内 
   【 名 称 】植村牧場 
   【 住 所 】〒630-8102 奈良市般若寺町168
   
2.取り組み概要 
    ~ 日本一遅れた牧場と奈良の名物アイス ~
    ・障害者14名(うち住み込み10名)、高齢者4名を常時雇用し牧場を経営。
    障害者が主戦力。
   ・奈良県で最も古い牧場。創業当時からの木造茅葺の牛舎で約30頭の乳牛を飼育し、
           近隣に牛乳を配達。
   ・自家生乳でアイスクリーム等を製造販売。奈良女子大学、近隣農家、県(農業水産
           振興課・マーケティング課)の共同で「奈良漬け、大和野菜(大和まな、小しょう
    が)、イチゴ(アスカルビー)を使ったアイスクリーム」を開発。

       【報道資料】(PDF 242KB)