「奈良県耐震改修促進計画」を策定しました!



<策定の趣旨>

奈良県では、地震時における住宅・建築物の倒壊等の被害から県民の生命と財産の保護を図るため、建築物の耐震改修の促進に関する法律に基づく「奈良県耐震改修促進計画」を策定しました。

<背景>

東南海・南海地震などの大地震が今後高い確率で発生すると予想されているなか、平成17年9月、国の中央防災会議において「建築物の耐震化緊急対策方針」が決定され、
10年後に死者数及び経済被害額を被害想定から半減させることを目標に、国は住宅及び特定建築物の現状の耐震化率75%を平成27年までに少なくとも90%にすべきという目標を掲げました。

<計画の位置づけ>

本計画は、「やまと21世紀ビジョン」、「奈良県地域防災計画震災対策計画編」、「奈良県地震防災対策アクションプログラム」を踏まえ、住宅については「奈良県住生活基本計画」との連携を図り、県内の住宅・建築物の耐震診断及び耐震改修を促進するための基本となるものです。
(なお、本計画は、建築物の耐震改修の促進に関する法律第5条第1項に規定する法定計画です。)

<計画期間>

平成19年度から平成27年度

<目標設定>

本計画では、国の目標、県の上位計画等を踏まえ、住宅、民間特定建築物、県有建築物について、以下の耐震化目標を設定しました。

   ○ 耐震化の目標設定


現 状


平成27年

住 宅

75%

90%

民間特定建築物

74%

90%

県有建築物

60%

90%以上

< 概要と計画 >

奈良県耐震改修促進計画の概要 (500KB)


 ~ 奈良県耐震改修促進計画 ~


 表紙・目次 (57KB)
 

 序 章  計画の位置づけ、目的等 (88KB)

 第1章  奈良県で想定される地震 (641KB)

 第2章  既存建築物の耐震化の状況 (289KB)

 第3章  建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 (403KB)
                    

 第4章  建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策
                                                                 (1,831KB)

 第5章  建築物の地震に対する安全性の向上に関する啓発及び知識の普及
                                (3,459KB)
 

 第6章  建築基準法による勧告又は命令等についての所管行政庁との連携
                                  (81KB)
 

 第7章  市町村耐震改修促進計画 (58KB)