奈良県においては、奈良県知事免許を受けた二級建築士及び木造建築士の行う業務に係る不正行為等に厳正に対処し、建築士の業務の適正を確保するため、建築士法(昭和25年法律第202号)第10条第1項の規定に基づく懲戒処分の基準となる「奈良県二級建築士及び木造建築士の懲戒処分の基準」を定めています。
 平成29年6月1日に「一級建築士の懲戒処分の基準」が一部改正され、平成29年7月1日に施行されたことに伴い、本基準を一部見直すこととし、これに先立ち、基準(案)についての意見募集(パブリックコメント)を下記のとおり実施したところ、特に意見はありませんでした。つきましては、原案通り本基準を改正しますので、下記の通りお知らせします。
   
                                 記

  

1 意見の募集対象
  「奈良県二級建築士及び木造建築士の懲戒処分の基準(案)」

2 意見の提出状況
  提出件数0件(提出者数0名)
 
3 結果の公開期間
  平成29年11月1日(水)~平成29年11月30日(木)

4 基準の施行について
  基準は原案通り改正し、平成29年11月11日より施行することとします。
  「奈良県二級建築士及び木造建築士の懲戒処分の基準」


5 問い合わせ先
   奈良県県土マネジメント部まちづくり推進局建築課監察係
    TEL:0742-27-7564(直通)