奈良県私立高校生等奨学給付金制度について

 奈良県では、全ての意志ある高校生等が安心して教育を受けられるよう、授業料以外の教育費負担を軽減するため、高校生等がいる低所得者世帯を対象に「高校生等奨学給付金」を支給します。※このホームページには、私立学校に関する制度を記載しておりますので、県立、市立、国立の高等学校等に関する制度につきましては奈良県教育委員会学校支援課のホームページをご確認ください。

◆1.支給要件(対象となる世帯)

   令和元年7月1日現在、次の要件 すべてを満たす世帯が対象となります。

1.保護者(親権者)が 奈良県内に住所を有していること
 → 保護者が海外等に在住し、奈良県内に住所がない場合は対象外となります。

2. 保護者(親権者)全員の令和元年度(平成30年分)の道府県民税所得割額及び市町村民税所得割額が非課税(0円)又は生活保護(生業扶助)受給世帯であること
 → 保護者(親権者)が父母の場合は、両方の平成31年度道府県民税所得割額及び市町村民税所得割額の合計が0円であること。  
 
3.子が就学支援金制度(平成26年4月改正)の対象となる 高等学校等に在学していること
 → 平成26年4月以降、高等学校等に入学した生徒が対象となります。それ以前に入学した在学生は対象外です。
 
 このほかに、「1人の高校生に対して、保護者全員が奈良県又は他の地方公共団体等が実施する同様の給付金を受けていないこと」、「 児童福祉法に基づく措置費等のうち、見学旅行費又は特別育成費が措置されていないこと」が要件になります。

 

◆2.支給額(対象となる生徒1人あたりの年額)


※1人目の高校生等は②の給付額となります。
 ただし、高校生等以外の15歳(中学生を除く)以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹がいる世帯、通信制以外の高等学校等に通う2人目以降の高校生等がいる世帯は、すべて③の給付額となります。 

  ◆詳細については、こちらの世帯パターン図でご確認ください。◆

※15歳以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹に中学生は含まれません。
(平成8年7月3日から平成16年4月1日生まれの方が対象です。)

 

◆3.申請の手続き

1.奈良県内の私立高等学校等に通われている生徒の保護者の方
 → 在学する高等学校等にお問い合わせください。

2. 奈良県外の私立高等学校等に通われている生徒の保護者の方
 → 申請書各種様式に必要事項を記入し、必要な添付書類と合わせて、 奈良県へ提出用封筒を用いて直接郵送してください。

3.在学する高等学校等から、 保護者の方が奈良県へ直接提出するよう通知や指導があった場合
 ・リーフレット及び申請書等(すべてPDF)をダウンロードし、印刷してください。
 ・リーフレットや記入例を参照し、添付の申請書や口座振替申出書に必要事項を記入してください。
 ※申請書には、学校証明欄があります。 必ず在学する高等学校等に在学証明をしていただいてからご提出ください。

 ※必要な証明書類等を添付のうえ、 令和元年10月16日(水曜日)までに奈良県教育振興課あて必要書類を提出してください。 (必着)

◆学校のご担当者はこちらをクリック


◆4.提出期限


・高等学校等又は保護者から県への提出期限です。

 令和元年10月16日(水曜日)  <必着>

※提出期限後は、申請を受け付けできません。(給付対象となりません)

◆5.提出先

〒630-8501 奈良県奈良市登大路町30
奈良県地域振興部教育振興課私学係 奨学給付金担当
TEL: 0742-27-8347

 

◆6.よくあるご質問

 

高校生等奨学給付金Q&A

 

 
◆各種ダウンロード


1.奈良県内の私立高等学校等に通われている生徒の保護者の方

リーフレット

申請書(県内学校用) 
申請書記入例
口座振替申出書
保険証等貼付・扶養申立書
給付対象・申請区分・必要添付書類チェックシート(県内学校用)


2. 奈良県外の私立高等学校等に通われている生徒の保護者の方

リーフレット

申請書(県外学校用) 

申請書記入例
口座振替申出書
保険証等貼付・扶養申立書

個人番号カード(写)等貼付台紙

個人番号カード等提出方法

給付対象・申請区分・必要添付書類チェックシート(県外学校用)

提出用封筒
提出前最終確認



※ダウンロードできない場合は、教育振興課にご連絡ください。(TEL: 0742-27-8347)