稲渕の棚田の画像1 
稲渕の棚田の画像2 
稲渕の棚田の画像3 

番号  121A2015
種別 眺望地点 
所在地 高市郡明日香村稲渕
登録テーマ 営み・なりわいの景観
サブテーマ 農林水産業の景観
解説 中世(平安~室町時代)に開墾され、日本の棚田百選にも選ばれた稲渕の棚田は、300枚あまりの水田と畑により形作られ、明日香村の美しい歴史的景観の一部となっており、農村の原風景を強く残しています。(平成23年重要文化的景観指定)
秋に棚田の畔や土手に咲く、彼岸花の県下有数の自生地でもあります。

自動車(周辺駐車場の有無)  村営石舞台駐車場 有料
自転車(周辺の自転車道) T-5 芋ヶ峠ルート
徒歩(公共交通機関を利用)  かめバス石舞台バス停より約2.5km
歩くなら(周辺のハイキングコース)

持統天皇行幸の道



大きな地図で稲渕の棚田を見る

「奈良県景観資産」に関するお問い合わせ先

奈良県庁景観・自然環境課
景観・屋外広告係

TEL:0742-27-8752(ダイヤルイン)
FAX:0742-22-8276