奈良県産農産物の情報

大和野菜「大和丸なす」の出荷が始まりました

平成28年4月19日

yamato-marunasu

 

 大和野菜のうちの1つである「大和丸なす」の出荷が今年も始まりました。
 今年は冬の気候が安定していたことから、品質の良いものの継続的な出荷が期待できそうです。大和郡山市では十数の農家でハウス栽培されており、県内で最も早く出荷が始まります。

 

◆「大和野菜」とは

  • 奈良県では、特産品として特徴をアピールできる野菜を大和野菜として認定しています。
  • 大和野菜には、「大和の伝統野菜」が20品目と「大和のこだわり野菜」が5品目あります。

 

 

◆「大和丸なす」とは

  • 丸型の独特な形をしたナスで、つやのある紫黒色の果皮とヘタにある太いトゲが特徴。
  • 肉質のしまりが良く、加熱した後でも、しっかりとした食感を楽しめます。代表的なメニューとしては、揚げ物や田楽があります。
  • 大和郡山市や奈良市で栽培されており、ハウスのほか露地でも栽培されています。
  • 出荷は10月頃まで続きます。
  • 主に京都府や東京都のホテルや料亭などで使用する高級食材として出荷されていますが、県内では、大和郡山市の一部のスーパーやJAならけんホームページでも買うことができます。