地域の防災力の向上に資するため、県職員及び退職者が地域住民とともに防災の知識を身につけ、平常時から地域において地域の一員として活動する、「地域防災支援担当者」の制度を平成30年度創設。