奈良県会計年度任用職員(事務補佐)について

【応募者多数につき、2月7日(金曜日)募集を締め切りました】

【会計年度任用職員(事務補佐)のポイント】
 1. 任期は最長1年度です。(勤務実績により再度任用あり)
 2. 子育て世代向けの休暇制度を充実させました。
 3. 期末手当・退職手当の支給があります。(要件あり)

 

現在の募集内容(事務補佐)


募集は終了しました。

※募集は必要に応じて行っています。
応募される前に、現在募集を行っているかを必ず下記までお問い合わせください!
募集を行っていない時期である等、受付できない可能性があります。

お問い合わせ先:0742-27-8057(奈良県人事課 会計年度任用職員採用担当)

事務補佐の勤務条件について(予定)

  • 業務内容:事務補佐(定型的な調査・照会・集計業務、パソコンを用いたデータ入力、定例的な支払、電話・来客対応等)
  • 勤務地:県本庁舎、県内出先機関
  • 任期:採用日から今年度末(3月31日)まで(勤務実績をみて翌年度も再度採用)(※再度の採用は2回まで)
  • 給料:月額150,600円(地域手当、通勤手当、期末手当の支給あり(要件あり))
  • 時間:原則 8時30分~17時15分(勤務場所によっては変則勤務職場あり)
  • 休日:原則 土日、祝日(勤務場所によっては変則勤務職場あり)
  • その他:妊娠、出産、育児に関する休暇を有給として、取得しやすい制度としています(取得要件あり)

[参考]会計年度任用職員制度とは

  • 地方公務員法及び地方自治法が改正され、 令和2年4月1日から「会計年度任用職員」制度を新設し、非常勤職員の任用根拠が統一されます。

  • 会計年度任用職員は、地方公務員法が適用される一般職の地方公務員です。したがって、守秘義務、職務に専念する義務、法律や上司の職務上の命令に従う義務、政治的行為の制限などの服務規律がかかります。

  • 会計年度任用職員には、フルタイム型(週38時間45分勤務)とパートタイム型(週38時間45分未満勤務)の2つがあり、それぞれで給与の体系が異なります。(※人事課で募集する事務補佐業務はフルタイム型です)

臨時・非常勤職員から会計年度任用職員への移行について