農業研究開発センターの業務

オンリーワンの研究開発を目指し、奈良ブランド力の強化を図っていきます。

 研究開発
 ●薬用作物の安定供給 ~漢方~
 ●優良品種の育成 ~育種~
 ●加工商品の開発と加工技術の研究 ~加工~
 ●革新的な生産技術の開発 ~栽培~

 


センターのあゆみ


明治28年(1895) 奈良市油坂町に創設、奈良県農事試験場として発足
明治39年(1906) 果樹試験地を奈良市法蓮町に設置
大正12年(1923) 本場および果樹試験地を橿原市四条町に移転
大正13年(1924) 茶業分場を果樹試験地跡に設置
昭和26年(1951) 奈良県農業試験場と改称
昭和32年(1957) 果樹試験地を橿原市慈明寺町に移転
昭和37年(1962) 茶業分場を奈良市矢田原町に移転
昭和38年(1963) 本館および附属施設を新築
昭和47年(1972) 高原分場を宇陀市榛原区に設置
平成 2年(1990) 茶業分場本館改築
平成 4年(1992) 農業試験場内に農業交流館を設置
平成 6年(1994) 果樹振興センターを五條市西吉野町に設置
平成12年(2000) 奈良県農業技術センターと改称
平成18年(2006) 奈良県農業総合センターに組織改編
平成26年(2014) 奈良県農業研究開発センターに組織改編
平成28年(2016)     本所を桜井市池之内に移転